コンプレックスがあるのはなぜ?

40代女性さま、セッション後のアンケートにご協力いただきました、ありがとうございます!

1:今回コネクトロンのセッションを受けることを決められたきっかけを教えていただけますでしょうか?

以前に一時間のセットコースを受けていて、改めてブログを読み進めているとかなり深い内容がわかるようで。もう少し掘り下げて見て頂きたいと思いました。

2:問題解決のためにコネクトロンと比較されたものはありますか?(心療内科、占いなど)

以前受けたことがあるカウンセリングが思い浮かびました。
カードなども使うので、その時出るものの、解釈に興味を持ちました。

3:セッションを受けることに不安はありましたか?

どこまで解決できるか、怖いことや嫌なことを言われたら、いまの私に対処できるか。。正直不安、でした。

4:セッション前にあった問題の原因は見つかりましたか?

見つかったかどうかは正直わかりません。ただ、いま、そこ、を意識した方が良いのだなと。前に進むための登竜門(!)なのかなと。思いました。

5:セッションは問題解決のお役にたちましたか?

はい。見過ごしていたちっちゃいちゃん。怖がりでビビリの私は、そのちっちゃいちゃんだったんだなと。怖れを燃やし終わらせて下さったこと、今した方が良いことを、提案して下さいました。

6:コネクトロンのセッションを薦めていただけるなら、どのような方におすすめいただけますか?

拗らせてるヒト、持論がしっかりしているヒト、今庄さんはシンプルな角度から話して下さると思います。

7:この内容をブログで公開させていただいてよろしいでしょうか?

お役にたてることがあるのなら、公開して頂いても良いです。

「見つかったかどうかは正直わかりません」
あれ、期待されてたものと違ったかな、とセッション記録を見直しまして。
お題はですね、「資格試験の勉強に気合がはいらない」でした。
うーん、ちょっとデリケートで書きにくいなあ。
なぜ書きにくいか、原因としてでてきたのはコンプレックスに関わることだったからです。それがコンプレックスである、とすぐにはおっしゃいませんでした。色々つついて、出てきたものです。
たしかに、「怖いことや嫌なことを言われたら」に抵触することだったかもしれません。
でも、そこをつつかないと見つからない原因でした。
ということは、原因探しは必要なかったのかも。
でもなー、原因見つけられないと、対策も提示できないしなー。
コンプレックス、本来は「感情の複合」を意味しますが、ほぼ劣等感と同義で使われていますね。

劣等感とは、ひとりでいては出来ないものです。他者との比較によって発生するもの。あの人は持ってて、でも私は持ってない。
持ってる人、いいなー。
では、それを持っていないのはなぜか?それを持っていないのは誰のせいなのか。
自分のせいでなければ、自分を責める必要はありません。
持っていなくてダメな私、ではなくて、ほんとはそれ欲しかったよね、と丶(・ω・`) ヨシヨシです。
手にすることができなかった、という負い目が、それを獲得しにいくことを躊躇させるのです。
いえ、躊躇させません(どっちやねん。
それが必要だ、大切だとわからずに、手にする機会を逸してしまった。欲しかったのに手に入らなかったらならその痛みがありましたが、それはないのです。
そして、大人になってそれがあることの大切さがわかって、手にできなかったものの大きさが尚更のこと堪えるのです。
ここでね、やったるで!と簡単にモチベーションあげれる人はいいですよ。そんな人はコネクトロンにはお越しになりませんよね。
こじれて絡まったものがあるからこそ。
いみじくも、アンケートに書いてくださっています、「拗らせてるヒト」にお勧め、と。
もつれていた糸はほどいたつもりです。さあ、その糸でこれから何を作りましょうか。作りたいものは決まってますよね。もつれていた時の癖がついた糸は使いにくいかもしれませんが、なんであれ大切な糸です、素材です。なだめすかしつつ、作り上げていきましょう。
丶(・ω・`) ヨシヨシ

吉川晃司をかっこいいと思ったのはこの時が初めて。

旧ブログ:はてなブログ

予約状況


最後までお読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただくと励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
Scroll to Top