自己評価の低さの原因となっていたのは身体の問題でした!

みなさんご存知のように(知らんか)この世には私を黒タママにしてしまう困った人たちがいます。

それは、「身体を触れる」人たち。身体を触ることによって心の問題も解決してしまうという、私の商売あがったりではないですか!憎い、憎いよ!!
昨日も黒タママにさせられてしまう案件があったので、そのご報告です。
40代女性さま、セッションの内容をブログ化させていただくことご快諾いただけました。ありがとうございます!

主訴:自分はできん子や

職場でポカミスをやらかす、習い事では習熟度で他の人に遅れをとってしまう、あかん子や、できん子や、と自分を責めることから解放されないそうです。
現場を直接見たわけではないので実際のとこはわかりませんが、聞いた限りでは些細なことで必要以上にご自分を責めていらっしゃるように感じました。ミスのない人なんていないし、習熟度なんて人それぞれですからね。仕事と習い事の内容が合ってない、必要ない、ってとこに着地するのかな?とこの時点では思いました。
お越しくださったのは3年ぶりに2度目。前回のお悩みは経済面の問題でした。偏財格で偏財をたーくさん持っていらっしゃる、そして日干は丁(ひのと)!そのような方が(どのような?)お金で悩むということは、自分を出せていないということのシルシ以外の何物でもありません。
自分にお金を使うことを許す、というのが前回の結論でしたが、「次に何かぶつかることがあれば、お兄さんのことを扱うことになるだろうね」と私が言ったそうなのですよ(スマン、憶えてない)。
それを聞いて、ヤダ!と蓋をしてしまったとのこと。お兄様のことはどうにも触れたくない鬼門のようで、つまり、そこが穴ぼこなわけですね。
出来のいいお兄様、家族のヒーローでした。お兄様と比べて自分は大切にされていない、という思いがあったそう。
いえ、大切にされていなかったということはありません(どっちやねん。
暴力をふるわたわけでもなし、暴言を吐かれたわけではなし、邪険にされていたわけでもなし、と。おっと、これは受けた傷をなかったものとする「言い聞かせ」か?
お兄様は勉強もスポーツもできた。学校もいいとこに行った。出来のいいお兄様は教育費を潤沢にかけて貰えていたのです。
私はお兄ちゃんと違ってできん子やから、お金かけて貰われへんかった。
でもなくてですね!
お兄様は自身の進路について積極的にご自分の意見を表明されたそうなのですよ。ご両親はそれに応えられただけなのです。お兄様は親御さんから強制されてお金のかかるいい学校に行ったのではなくて、ご自分の意志で進路を選択なさったのです。
ではなぜ「自称できん子」さんはそれが出来なかったのか。家計にはあまり余裕はなかったそうで、お金はお兄ちゃんに使ってあげて、と自ら身を引いてさえいらっしゃいます。ご両親が、お兄ちゃんにお金かかるからあんたは大学行かされへんわ、と言われたわけではないのですよ!
自分が果たせなかったことを息子に託す、という図式がありがちなものですが、そうではなさそうです。女の子だから、と長男ばかりを大切にする家風でもなさそうです。
ある言葉が耳にひっかかりました。
お兄ちゃんはみんなから「活発で元気」だ、って言われてた
「活発で元気」
何度も出てきました。
お兄ちゃんが「活発で元気」なら、あなたは?
私はやる気もないしぐーたらで、いつもダラダラしてた、これといって何もなくて、適当にバイトして遊んでた(アルバイトのおかげでますます親御さんに金銭的に頼ることはなくなっていったそうです)
ご本人によれば、キャピキャピのJK生活だったっぽいのですけど。
話を変えました。この方、丁さんにふさわしくとてもオシャレなんですよ(昨日のバッグがとてもステキでした!!)。自分でオシャレって自覚あるよね?とお尋ねしたところ。
全然!と瞬殺です。ま、それは自己評価の低い方だから素直に認めるはずもなし、でいいんですが。
が。
もっと痩せたい、とおっしゃいます。どうにも痩せられない、と。痩せる必要のある体型には見えません。どれだけ痩せたいの?◯◯キロまで。え?いま何キロなの?◯◯キロ。それだけ体重があるようには見えません。
ずっとその体重?
うん、ずっと。
セッション開始直後にお尋ねしたことが思い出されました。ポカミス多発というからお仕事のことを伺っていたのですが、結婚後は専業主婦で3年前に職場復帰したとのことで、結婚してしんどかったことは何か、という問いに、とにかく身体がしんどかった、と。ご主人への不満とか育児のしんどさとか、そういったものが出てくるかと思ったら、ただ、ただ、身体がしんどかった、と。
はい、パズルのピースが揃いました。
ひょっとして、小さい時も身体弱くなかった?
そういえば、しょっちゅう熱だしてたかも
学校、よく休んでなかった?
ああ、休んでた
体重減らないの、浮腫んでるからだよ、腎臓わるいって言われたことない?
あるー、潜血反応でたこともあるー
はい、結論です。この方は「弱い」のです、「虚弱」なのです。それに引き換えお兄様は「活発で元気」なのです。「活発で元気」なお兄様と比べられて「あんたは元気がない」と腐されていたそうなのです。
それでインプットされてしまいました、お兄ちゃんに比べて私はダメだ、と。
しゃーないやんね!!
すぐに寝込んでしまう日々では、何かをやろう、という意欲も持てなかったことでしょう。たとえ着手しても、体調ゆえにあきらめざるを得ないこともあったでしょう。そう、この方はやりたいことをやり通す体力がなかっただけなのです。
3年前にコネクトロンにお越しくださった時は自己評価が低いという認識もなかったそうなのですが、自分が頑健な肉体を持ってはいない、という認識もお持ちではなかったのですよ!!
体力がないゆえに物事を続けられないことに対して、ひたすら、根性がない、怠惰だ、とご自分を責め続けていらっしゃったのです。
今回の主訴であるポカミスと習熟の遅さ、これも周囲からしたら「そんなに気にせんでええやん」というレベルのものでしょう。そう、問題はポカミスや習熟度の遅さではなくて、ポカミスばかりして覚えが悪い自分、と自分を責めていることなのですよ。
似たケース、人から嫌われる、ではなくて、嫌われていると思ってしまう、です。実際は嫌われてないのに、嫌われていると思いこんでしまうこと。嫌われるのではないか、という恐れ。
リアルな現象は実在しないのです、頭の中でだけできあがってる不幸な妄想なのです。その妄想に苦しめられているのです。
できあがった妄想=ビリーフ
私はできん子や、というビリーフが、ありとあらゆる成果を見えなくして、受け取れなくさせてしまっていました。
寝込んだらケアはしてもらえます。でも、この子は弱いから、というケアは無かったようですね。ご両親にとっても身体の弱さの深刻さのほどの認識は少なかったのでしょう。なので、弱くてケアが必要な自分ではなくて、ただの「できん子」になってしまっていたのです。
できん子ビリーフを作り上げたのは、出来のいいお兄様との比較などではありませんでした。身体の弱さでした。
必要なのは身体のケア、メンテです。
さ、もうこの方にコネクトロンは必要ありません。セッションは早々に終了、漢医堂さんに行っていただくこととしました。
過去にも数例あります、問題の原因は身体であることが判明した時点でセッション終了、漢医堂さんに行っていただいたことが。

超レアケース!交際が長続きしないのはなぜ?


ね!私が黒タママになるのわかるでしょ!!
感想を頂戴しました。

いまぷさん、今日はありがとうございました。
久しぶりにセッション受けて、本当に行って良かったです。
私、そう言えばすぐに疲れる人でした(ノД`)
それを、出来ない自分・根性ない自分・すぐに疲れるなんて情けない等々・・・・・・
自分が疲れる体質とか考えた事なかったので、いたわる事せずに、なんだか可哀想に思います。
自分の体調と感情の両方見る事が、自分を大切にする事なんですね。はぁ〜〜そうだったかぁ〜(꒦໊ྀʚ꒦໊ི )
漢医堂の院長先生に診てもらい、疲れの原因が分かりました。この症状の疲れは分かりにくいとの事でした。44年間生きて来てやっとしんどさの原因が分かりました。
ただ、私の場合、今庄さんのセッションを受けずに、漢医堂さんで診てもらって原因を教えて貰っても、それでも他人事にしてたと思います。
初めてセッションを受けてからも、ずっと今庄さんとのセッションは忘れていませんでした。
自分なりに掘ってみましたが、これは何やろ?って疑問に思う事が出てきたので、今庄さんにお伺いしようと思いました。
取り調べ官のようなセッションでした
(⊙ꇴ⊙)
今庄さんが、刑事コロンボか古畑任三郎かコナンの様に見えました。
漢医堂の院長先生の所へ、しばらく通います。
私、疲れてるんやーって分かっただけでも、楽になりました(o^^o)♪
体と心、どちらが調子悪いか自分の事が分かるだけで、安定する気がします。
身体の調子が悪いだけでも、誰かのせいにしようとしてました| ू・᷄ω・᷅)。oO
自分の身体は自分で手入れする。
責任を持つと言う事でしょうか(^-^)
またお伺いします。
ありがとうございました。

取り調べw
そう、だから「悩みの探偵」なのですよ。コナンに例えていただいたから、これからは名探偵を自称しようかな(おいっ。
図らずも、葛野先生はこんなブログを書かれています。

美人の食卓〜刑事コロンボの謎解き


原因にたどりつくためのパズルのピースとなったのは
・活発で元気
・体重が減らない
この2つです。
これはカードやサイコロが提示したものではありません、会話の中で見つけたものです。
事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!
答えはカードにあるんじゃない!会話の中にあるんだ!!
こんな感じ?
はい、ではカードはどうだったのか。

dav

・イヤーカード「太陽」
・ブロックしているもの「罪悪感」
・では、どうするか「許し」
・得られるもの「神聖さ」
・現状「隠者」
神聖さと隠者から、自己評価を高めることがわかります。高めないといけないということは、現状では低い、ということです。
自己評価が低くなったのは、罪悪感ゆえ、だから自分を許しなさい、なんですが、なぜ低くなったか、ということはカードではわかりません。
少なくとも私はわかりません。
いえ、わからないのは私だけではないと思います。罪悪感のカードから、身体が弱かった、ということを読み取れる人はまずいないでしょう。読み取れるとしたら霊能者レベルの人ですが、そもそも霊能者ならカードなんて要らないです。
カードはいつもセッション始まって早々に開きますが、今回はカードの内容はほとんどといっていいくらい参考にしませんでした。罪悪感なんてあまりに扱う範囲が広くて詳細を特定できないから。
原因を特定できたのは言葉のやりとりで。
私もそうでしたが、占いの鑑定を受けてその結果に「だから?」感を抱いてしまうのって、言葉のやりとりによって見つけるものを引き出してないからだと思うんですよねー。占いには向き合っていても、目の前の人に向き合ってないとでもいいますか。それが言いっ放しという状態なのだと思います。結果を伝えて終わり、と。
それ以上の探るという作業がカウンセリングになるのでしょうね。
占いも言葉のやりとりも、どっちも大切で必要です。私は両方を使って取り調べ業務を行っているのですよ。
心の問題には身体が大きく関与している、占いで提示されたものだけではなく会話の中に大切なヒントが潜んでいる、それは探らなくてはいけない。今回の事例が示しているのはこの3つです。コネクトロンの問題解決作業にあたり、この3つは外せません。
セッションにおいて言葉のやりとりの多さを厭われる方もいらっしゃいますが、必須作業とのご理解を賜りたく存じます。
だってー。
黙っていてもピタリと当たるという不問診断、それができるどこぞのすごい鍼の技術のようなわけにはいかないのでw

黙って座ればピタリと当たる不問診断♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただくと励みになります♪

✨✨✨ おみくじ、ジャミラくじや! ✨✨✨

クリックする前に、お題を思い浮かべるんやで〜

この記事をシェアする
関連記事はこちら
Scroll to Top