嘘つきちゃん

 

30代女性さま、セッション後のアンケートにご協力いただきました、ありがとうございます!

1:今回コネクトロンのセッションを受けることを決められたきっかけを教えていただけますでしょうか?

最初のセッションのあと、母親のことで嫌な気持ちがあったのと、自分を表現したいんだけど何がしたいのか出て来なくてもやもやしていたからです。

2:問題解決のためにコネクトロンと比較されたものはありますか?(心療内科、占いなど)

特にないです。

3:セッションを受けることに不安はありましたか?

ありません。

4:セッション前にあった問題の原因は見つかりましたか?

はい。今まで母親に自分の楽しみをぶったぎられてきたとはっきり思うことができて、セッションのあとジャズ喫茶に行って音楽を聴いたら、わたしは音楽を心から楽しんでいいんだとおもったら、うれし涙が溢れてきました。あーわたしは生きてるんだと思えました。

5:セッションは問題解決のお役にたちましたか?

はい。

6:コネクトロンのセッションを薦めていただけるなら、どのような方におすすめいただけますか?

これからの人生をもっと幸せに生きていきたいと思う全ての人。

7:この内容をブログで公開させていただいてよろしいでしょうか?

はい。

1回目のセッションから間をおかずにお越し下さいました。1回目のセッションで提示された問題はお仕事のことでした。いえ、違います(どっちやねん)、つまり、何がやりたいのかわからない、でした。このまま今の仕事を続けていっていいのか、なんかほかにやるべきことがあるのではないか、と。

それでこれまでのことをいろいろとお尋ねしたのですが、現在のお仕事と学生時代に専攻されたものがまったく異なるもので、そこで、なぜそれを専攻されたのですか?とお尋ねしたら、そういうことが好きだったからです、と答えられました。

これがですねー、大嘘だったんですよね!!

大学での専攻が決定されるまでに、数度にわたりご自身の希望を却下されるということがありました。進みたい方向に進めない、望んでも叶えられない、となると人はどうなるか、はい、あきらめちゃいますよねー。望まなくなる、自分に我慢を強いるだけの人生となってしまいます。

強いられた結果選択したものについて、ほんとはイヤだったのに、という気持ちを忘れていらっしゃったようですよ。

そんな中でも、ご自分の心が躍るものを見つけていらっしゃいました。その方向に進みたいという気持ちはあるのだけど、なかなか事がうまく進まない。そして転職をされたばかりだったのですが、そのお仕事がまた、やりたいということとはえらいこと距離があるものなんですよね。なんでわざわざその仕事についちゃったの?みたいな。

私ってどうせ思い通りにはならないんだ、死ぬままずっとこのままなんだ、という深いあきらめに身を浸していらっしゃいました。そして自分の気持ちに嘘をつく、ということが当たり前になってしまっていました。

でも。

出来ることならこうしたい、というお気持ちがあります。そこに進みたいという気持ちと、どうせダメだわ、という気持ちの間でアンビバレンツになっていらっしゃいました。

行きたい方向に進めばいいのに、それをしないのはなぜか。そこには、ただ楽しむということを許してくれなかったおとうさまの価値観が邪魔になっていました。やるからにはトップにならなくてはならない、なれないんだったらやっても意味がない、と。

進みたいと思っていらっしゃったのもの、かなりレベルの高いところだったのです。おとうさまの価値観から自由になれたなら、そこに行くことは必要なくなるだろうと思ったのですが。

が。

どうしてもそこに行きたい、と言われました。意外だったので、ほんとに行きたいですか?とお尋ねしたら、行きたい、と答えられました。そこまでお気持ちが固まっているのなら、やっていただけばいいだろう。そこに行くに当たって、就職したばかりの現在のお仕事を辞めることに抵抗を持たれていましたけど、さっさと辞めちゃえ、ということで1回目のセッションを終わりにしました。

で、そこから急展開。職場側の落ち度で、辞めることが出来るようになったのですね。入ったばかりだったのに辞めていいのかな、と抱いていた罪悪感は不要になりました。さ、これで心おきなく次のステップに進むことが出来ます、よかった、よかった、と思っていたら。

ら。

また時間を空けずに、「どうにも進むことが出来ない」と来られました。まあ、これは納得なのですよ、そこに行くことを目指させてしまったのは、おとうさまからインプットされたものの仕業だったので。

やりたいことが見つからないのは、やりたいことが出来なかったからです。前回のセッションでは、成果ばかりを求められて楽しむことができなかった、というものが穴ぼことして出てきましたが、今回でてきたのは、おかあさまでした。

おかあさまはですね、筋金入りのジョイキラーだったのですよ。
参考拙記事:ジョイキラー〜水を差す人
ご自分の心が躍ることをことごとくおかあさまに「ぶったぎられて」しまっていて、すっかり楽しむ心を見失っていらっしゃったのです。

この方、食神格でいらっしゃいました。楽しむことが仕事みたいな方なのに、それを抑え込まれてしまっていた。さぞかしお辛い日々だったかと思いますが、それも感じないようになってしまっていました。

でも抑え込んだものが飽和状態になった時は、なんらかの手が差し伸べられるのですよね、好きなことやったらいいよ、楽しんだらいいよ、と声をかけてくれる人との遭遇があったのです。

ま、そこで「何をしたらいいかわからない」となってコネクトロンにお越し頂けたのですが(アリガトウゴザイマス、アリガトウゴザイマス。

あきらめさせられて一番つらかったもの、それが一番やりたかったことです。それを見つけていただけました、再会していただけました。

やりたいことが出来なかった方は、なんせアンテナが錆び付いてしまっています。まずは楽しむ心を取り戻すことが必要。アンテナを磨いて、自分にとって必要なものがちゃんとわかるようにリハビリをしていただかなくてはなりません。

やるべきことはただひとつ、楽しむことです。楽しいと思えることを片っ端からなさってくださいね、そして自分のアンテナが何に一番反応するかを探ってくださいね。その正体がはっきりとしたなら、それが示す方向に邁進なさってください。あなたがやりたいこと、やるべきことはそれです!!

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top