ロキソニン

ブログの更新が最近滞ってますけどどうしましたか?というメールを山のように(ほんとは5通)頂戴しました。ご心配いただきアリガトウゴザイマス、アリガトウゴザイマス。今日は少なくとも3本あげる予定です。

ではまず1本目。

みなさんご存知のように(知らんか)私は処方されたお薬を勝手に辞めるという暴挙に出たことが過去に2回あります(よい子のみんなは真似しちゃダメだお)。

1回目は多発性硬化症を発症した時。免疫抑制剤で2日で4キロ太ってビビって辞めました。私にとっては服用を辞めたことは結果的にはよかったですが、よい子のみんなは真似しちゃダメだお。

2回目は心療内科。元配が怖すぎてどうしようもなかった時です。日常生活に支障を来したので心療内科のドアを叩きました。ほんで出された薬が眠くなりすぎて、これまた日常生活に支障を来したのでやめました。ほんでそれ以来行ってません。行ったって薬を出されるだけだ、そしてその薬は眠くなるだけなのだ、と私の中で結論に至ってしまったからです。よい子のみんなは真似しちゃダメだお。

というわけで(どういう?)私は新薬というものを服用することがほとんどありません。新薬というのはいわゆる現代医薬です。それに相対するのが漢薬、つまり漢方薬ですね(正確には違うんだけど、よぅ説明しません)。新薬を飲まないなら漢薬を飲むのかと言われたら、漢薬も滅多に飲みません。身体の不調があれば、いつも例のところにすぐに駆け込むからです。

しかし例のところでも薬を飲め、と言われることがあります。いたずらに現代医療を否定するものでもなく、病院の受診を勧められることもあります。私が言うこと聞かないだけなんですけどね(おい、こら。

ここんとこブログ書けなかったのは、体調が悪かったからなのです。起きてられないのです。ホテルバイトもハードだったのでそのせいかな?と思っていたのですが、原因となるものに思い当たりました。

虫歯が悪化して歯医者さん通ってます。炎症を抑えるためにってロキソニンを処方されました。いつどんな痛みが襲ってくるかわからない、と脅されたのでもしもの時のために鎮痛剤をください、ってお願いしたら、ロキソニンに勝るものはない、と仰るのですよ。ロキソニンってそんな強力な薬なのか!知らんかったー。

ちなみに、ロキソニンという文字列を見るとつい頭の中でロキノンと変換してしまうのは私だけではないですよね?

rockin'on (ロッキング・オン) 2015年 12月号 [雑誌]

rockin’on (ロッキング・オン) 2015年 12月号 [雑誌]

 

炎症を抑えないと治療を進められないというので珍しく真面目に飲んでるんですが、眠くて眠くて仕方がない。ホテルバイトの最中(もなか、ではない)に立ったまま寝そうになりましたよっ。

みなさんご存(ry)私は数年前に指の先っちょを花鋏で切り落とすということをやらかしてしまいました。

http://connectron.love/2013/02/18/20130218-1361187394/

この時もロキソニンを出されたんですけど飲まなかったんですね。なんでかというと、飲むと感じるべきものを感じなくなってしまうのでは?と思ったから。つまりですね、自慢の(ほんとに自慢)鎧センサーや穴ぼこ探知機が働かなくなると困ると思ったのですよ。

痛かったっすわー、ほんま痛かったっすわー、ツイッターで痛い、痛いと大騒ぎしてましたよね。

ほら、ハチクロでハグちゃんが怪我したあと手の神経が戻ってくるかどうか確認するためにお薬飲まなかったでしょ。あれと同じですよ。

ハチミツとクローバー (9) (クイーンズコミックス―コーラス)

ハチミツとクローバー (9) (クイーンズコミックス―コーラス)

 

天才ハグちゃんと自分を同列に語るなど不遜にもほどがありますか、そうですか。

というわけで(どういう?)今回ロキソニン様を初めて体内にお迎えしてですね、そのパワーにやられちまったようなのですね。

ロキソニン大騒ぎの顛末はこちら:

http://connectron.love/2015/11/27/zoku-rokisonin/

例のところでも歯痛には対処して貰えるらしいのですが、今すぐ痛みを止めて!って時に診て貰えるかどうかわかんないですからね、仕方なくロキソニン様の力をお借りしている状態。そのかわりに爆裂睡魔との死闘を余儀なくされているんですよ。例のところ、痛みを抑えることだけが得意分野ではありませんが、ほんま今そこにある痛みが魔法のように消える、と定評があります。もちろん慢性病にも対応していただけます。
例のところ

鍼灸師になった母

上記のエントリーの中に鍼灸師になられた女性が子供を自分で治そうとした、という記述がありますが、例のところでは家族の健康管理のために「おかあさんのための脉診講座」なるものが企画されてオリます。詳細は近日中にリリースできるのではないかと。

仮病がばれる、飲んでるのに飲んでないといってもばれる、しんどいのに無理して元気ですって言ってもばれる、すべてを見透かす脉診に触れる機会を楽しみにお待ちくださいませ♪

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top