7)氣鍼医術のサイトを作っているワケ

漢医堂の既存のブログとホームページを氣鍼医術サイト内に引っ越すのが当初の目標のひとつだったので、それが終わった今はちょっと気が抜けております(ダメじゃん!)。

氣鍼医術というものを一人でも多くの方に知っていただくこと、ブログを読んでいただくこと、そのためにまずツイッターを始めました。かつてアメブロで推奨されていたような下手な鉄砲式ではなくて、かなり狙ってフォローしたのでそこそこ反応がありました。

しかしアクセスが思ったほど伸びないので、ブログ村に登録しました。いろんな鍼灸のブログを読んで、へぇ〜、ってなってたんですけど。

まったく想定外なことに、ランキングが圏外からあっという間に10位内にランクイン。順位もさることながら、PVがぶっちぎりです。鍼灸というジャンルは占いに比べたらパイが少ないのですが、それにしてもこの急上昇ぶりにはびっくりでした。今は不動の2位です。1位は国家試験対策のブログで別格なので、それを除けば純粋に鍼灸について触れたブログとしては1位ですね。

院長から、なんかしたんか、と言われましたが、PVを跳ね上げることができる「なんか」がわかってたら、とっくに自分のブログでやってますって。記事の内容が認められたんだろうな、と思ってます。

さ、そのブログのランキング結果をまたJimdo個人面談で披露します。

すごいですねー!頑張りましたねー!!と言われ、またぞろ(ない)胸がキュンキュンします。やった、褒められた!嬉しい!!

JimdoのブログはSEOが弱いと言われていましたが、PVを得ることができたので一安心です。

面談でアドバイスされたことを元に、またぞろサイトを大改造です。かなり「頑張り」ました。自画自賛モードでサイトを眺めていました。

褒めてくれるかな

と、頭に浮かんだのはJimdoさんの顔でした。

あれ、なんかおかしい。

ここは院長の顔を思い浮かべて、喜んでくれるかな、とか思うとこだろ。

が、頑張ったことを褒めて欲しいのは院長ではなくてJimdoさんなのです。

院長から、よくやってくれたね、と言われても、いえ、所詮素人のやってることですから、となっちゃうのですよ。

どうして院長の「よくやってくれたね」は嬉しくなくて、Jimdoさんの「頑張りましたね」は嬉しいのか。

よく考えろ、自分

なんかおかしいだろ

頑張ること、褒められること

私、誰に褒められてたっけ

母?祖母?伯母?

彼女たちはdisる専門で、私のことなんて褒めてくれてなかった

続きは↓こちら

8)氣鍼医術のサイトを作っているワケ

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top