アウトプットがとりわけ必要な庚(鐘)さんと辛(ナイフ)さん(過去記事再掲)

初出:2016/11/23
さ、彦摩呂の口調でみなさんご一緒に。
献血ルームはネタの宝石箱や!!

みなさんご存知のように(知らんか)献血ルームでは生年月日から日干(にっかん)をお伝えさせていただいています。これがリーディングの際に役立つことが多いんですよねー。背中を押す方向性を定めるための重要なヒントとなるのです。ちなみに通常セッションでは前もって命式を作成して格を出していますので、そちらの役割のほうが大きいんですけどね。あくまでも献血ルームでの短い時間のとりあえず、です。
日干は10個、陽の木の「甲(きのえ)」は大木、陰の木の「乙(きのと)」は蔓や草花、陽の火の「丙(ひのえ)」は太陽、陰の火の「丁(ひのと)」はロウソクの灯火、陽の土の「戊(つちのえ)」は山、陰の土の「己(つちのと)」は畑、陽の金の「庚(かのえ)」は鐘、陰の金の「辛(かのと)」はナイフ、陽の水の「壬(みずのえ)」は海、陰の水の「癸(みずのと)」は雨です。
ご自分の日干をご存知ない方は、こちら に算出方法を書いてますのでお試しくださいませ。
さて、みなさんご存(ry)、私が命式を参考にさせていただくのは宝の持ち腐れを発見するためです。現実に滞りがある、方向性を見定めるために、あ、これ持ってるのに使ってないじゃないですか、というご提案のためです。
言いたいことが言えてない、やりたいことがやれていない、それは抑圧するものの存在があったから。人生のごく初期から抑圧を受けている方は自分の本来のリソースを発揮できたことがありません。自分が何を持っているのか、何ができるのかがわかっていらっしゃらないことが殆どです。持ち腐っているお宝発見のために、日干は大きなヒントとなるのです。
先日の献血ルーム、無料リーディングにお越し下さった女性が4名、うち2名が庚さん、2名が辛さんでした。
庚は陽の金、発信力、伝達力、打てば響く頭の良さの象徴です。辛はナイフ、これまでに何度もとりあげています。

十干の中でもとりわけアウトプットすることに比重が大きくすべきものです。
なぜか。
感じる力が強いので、ほっといてもいっぱいインプットしちゃうんですよ、取り込んじゃうんですよ。それが溜まるとストレスになるので放出すること=アウトプットが大切なのです。
庚さんと辛さん、つまり「金」ですね、この4名の金さんたち、結果として同じことをお伝えすることとなりました。それはアウトプットすること、です。そしてその手段、すでにみなさんお持ちだったのです、すでにアウトプットされてる方もいらっしゃいました。
が。
これまた共通することとして、みなさんそれが自分のリソースだという自覚がなかったのですよ。
ちなみにこれがその4名の方々に開いていただいたカードですが

自分がなさっていることは「無意味」だ、と思っていらっしゃいました。実はすごい宝の山なのに。

そのものずばり、得られるものに「恵まれた才能」が出ています。宝のモチグサラーです。宝を宝と認められなくなったのは「ハートブレイク」という強い痛みがあるからです。

得られるものに「インスピレーション」が出ているということは、現時点ではそのインスピレーションがしっかりと稼働していない、ということです。持って生まれたセンサー=インスピレーションを活用できていないのです。できなくなってしまったのはなぜか、ねばならない、のビリーフに雁字搦めになってしまっていたからです。

復讐のカードはやりたいことができなかった痛みです。

参考エントリー:復讐の復習

しかし、発揮できなかった力を発揮することによって、多くの人が集う喜びの場の中心に身を置くことができます。
描くこと、書くこと、奏でること、身体表現、みなさんアウトプットのための素晴らしいツールをお持ちでした。どんな宝石も磨かなければただの石ころ。そして、それが磨けば光る宝石だとわからなければ磨こうとも思わないでしょう。
あなたにはどんな宝があるでしょう。もとい、あなたの本質はいったいどんな素晴らしいお宝なのでしょう。命式はそれを探るひとつのきっかけとなります。
どんなお宝があって、どう磨いていくか、できることはいくらでもあります。
続きは↓こちら

頭がいいってどういうこと?


今日もとっても可愛いのでぜひ覗いてみてください!

詳説:眼のゴロゴロを自分で取りました


モノモライか、と思った眼のゴロゴロ違和感を自分で取り除きました♪
最後までお読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただくと励みになります♪

予約状況


この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top