やる気が起きないのはなぜ?

TODAY’S CONTENTS

1:勉強会に参加していました。
2:やりたいことがわからない病
3:やる気が起きない病
4:何がやりたいかわからない
5:やる気が起きない原因がわかった

1:勉強会に参加していました

ブログが更新されていませんけど、どうしましたか?というメールを山のように(嘘、ほんとは3通)いただきました。ご心配いただきありがとうございます、3名様!!
この3ヶ月、とある勉強会に参加しておりました。終了前に仕上げなくてはいけない課題があり、それで手いっぱいになっていた、というのが本当のとこです。
情けないことに課題は目指すべきレベルに全く達することができなかったのですが、これまでに持ち得ていなかった視点をたくさん得ることができました。

2:やりたいことがわからない病

みなさんご存知のように(知らんか)コネクトロンには「何がやりたいかわからない病」の患者さんがたいへん多いです。これが難しいお題でして、やりたいことがわからないことでなぜそうも悩まなくてはいけないのか、私にはさっぱりわからなかったのです。
「何がやりたいかわからない病」ではなくて、「やりたいことがなくてはいけないと思っている病」ではないでしょうか。
つまりは現時点での自分への否定ですね。否定するための理由づけです。

3:やる気が起きない病

みなさんご存(ry)、私は「やる気が起きない病」に長く罹患しています。
ハードルを上げればやる気がたぎるかと思い、時間やお金を費やしてきました(今回の勉強会もそうです)。
ありとあらゆるところで相談しましたが解決できず。

4:何がやりたいかわからない

問題とは理想と現実のギャップです。理想のない人に問題は発生しないのです。「やりたいことがわからない病」の方は、「やりたいことがなくてはいけない」という理想があるのです。
私が「やりたいことがわからない病」に罹患せずに済んだのは、やりたいことがあるからではなくて、やりたいことがなくてはいけない、と思っていなかったからです。
つまり、私も「何がやりたいかわからない」なのです。何がやりたいかわかってないけど、わかってないことで困ってはいなかったのです。
いえ、困っています(どっちやねん。

5:やる気が起きない原因がわかった

セミナーとか勉強会とか行きますやん、必ずのように「やりたいこと」「叶えたい夢」「5年後の目標」を明示させられます。
が。
私にはそれがないのですよ。答えられなくていつも困ります。
今回の勉強会でも度々それを問われましたが、どうにも出てこないのですよ。そこで初めて気づきました。
やる気が起きないのはやりたいことが無いからだ、と。

行きたいとこがないのに動くはずもなく。
やりたいことがわからない病の人より重症なのです。
続きます。
最後までお読みいただきありがとうございます
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただくと励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら