ビスコッティさんへ

ビスコッティさん 女性 癸

気づけば、いつも自分よりも誰かを優先してしまいます。必要なときには自分を優先したいのにできず、困ることになるのですがやめられません。
*
では問題です。以下の3人のうち、癸が二人います、誰でしょう。
1:タモリ
2:ビートたけし
3:明石家さんま
実はひとりは知っていたのですが、改めて調べたら二人でした。
タモリとさんまが癸です。

献血ルームで日干を説明するとき、癸は雨だ、というとイヤな顔されることが多いのですが(しめっぽいとかね)さんまが癸だよ、というとみなさん、だったらいいや、と顔をほころばせるのです(だったら、ってなんだよ、だったら、って。
ビスコッティさんのお題に答える前に大前提をひとつ。
人は大事なものを選びます。大事だから選ぶのです。でも、何を大事としてそれを選んだのかがわからないと、選択の結果に納得できません。
しよう、しようと思いながらできないのは、できないのではなくて、しないことを選択しているのです。

言い訳(吊るし人)


つまりビスコッティさんにとって、自分を優先することより他者を優先することのほうが大切なのです。
癸さんは雨、しとしとと優しく降り続ける雨、恵の雨。

フォローやケアのお力をお持ちです。力のぶつかりあいの土俵ではなく優しさが武器です。
もともと自分を優先することにあまり喜びを見出さないタイプではありますが、他者を優先して困ることになるのがわかっていて自分を優先できないとないというのは、テキストを読む限り3つの原因が考えられます。
1:自分を出せない、自分を優先することに罪悪感がある
2:読みが甘い、段取りや自分のキャパを読み違える
3:1と2の中間ですが、自分を出すより人の期待に応えるほうに喜びを感じる
どれでしょうか。
1が簡単です。出せなくなってしまった原因を見つければいいのですから。そして、出せなくて辛かったよね、とヨシヨシすればいいのですから。
2がちょっとやっかいですけど、似たような事例が過去にありました。

01)おじいちゃんに言って欲しかったこと


断れないというより、やってあげたい、やってあげなあきゃ欲が勝って、キャパを読み違えるのです。
自分のことをやりたいのにできない、と、人のことをやってあげたい、は似て非なる物どころかまったく違います。
いえ、違いません(どっちやねん。
2であったとしても、大切なのは自分より他者ですからね。
1か2か3、どれなのかはカード開いてみないとわかりません、ごめんなさい。
2か3であるなら、ビスコッティさんの大切な人に喜んでもらえて嬉しかった記憶、もしくはたとえ望ましいものではなかったとしても、貰えたご褒美がとても素敵だったのではないでしょうか。

無料日干診断


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただくと励みになります♪

✨✨✨ おみくじ、ジャミラくじや! ✨✨✨

クリックする前に、お題を思い浮かべるんやで〜

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ