80代の母が強情で困惑

え?私いつ投稿したっけ?って思っちゃいましたよっ。

これは80代の母に限らず、相手が誰であれ同じような現象に頭を痛めている方は多いのではないでしょうか。

2021/02/13分です。

80代のお母様を呼び寄せて同居、こちらの提案にはまず反抗して嫌味を言う、とのこと。これは強情というより天邪鬼ですよね。

これを読んで真っ先に思い浮かんだのがこちらのケース。

お母さまは嬉しいことを素直に受け取れない状態のようです。

もちろん、それはお母さまの問題であって、それに振り回される相談者さんはしんどいことでしょう。

では、相談者さんはどうすればいいのか。

今日はカードです。

ブロックしているもの「執着」

相談者さまが欲しかったのに貰えなかったものって一体何だったのでしょうか。

では、どうするか「リーダーシップ」

基本的には、人にしてあげたいことを自分のためにする、となります。

得られるもの「清らかさ」

お母さまの”ここ、イヤ”ってとこのせいでご自身を縛っているネガティブなものはないですか?それからの解放を示します。

現状「戦車の逆位置」

逆位置なので、失敗を恐れて力を出し切れていない、となります。

相談者さんは、何に対して力を出し切れていないのでしょうか。

これまでの年月で、お母さまに出し切れなかったご自分のお気持ち、距離を量ってしまうことが多かったのではないでしょうか。

お母さまは駄々をこねるという形でご自分をぶつけてこられている。

相談者さんも、いい娘をせずにご自分のネガな気持ちもお母さまにぶつけられたらいいのではないでしょうか。

ぶつかり合うということをした後は、お互いが力の加減をすることができるようになります。

これも原則ですが、気持ちを出さないことがデフォだった方って、出さざるを得なくなるような「きぃーっっ!!」ってなることがやってきます。

気持ちを抑えている蓋をこじ開けにやってくるのです。

出した後はスッキリしますよ。

回答です。

関わり続けること、辛抱強く、というところでしょうか。

滝詣連続185日目(2021/02/13現在)

ひさびさに展望台。全身黒ずくめでピチピチの人がいた。まるでモジモジくんだった。若い人は知らんだろうなあ。「僕の名前はモジオ!僕の名前はモジタロウ!ふたり合わせてモジモジくん!!」て。

最後までお読みくださりありがとうございました🐥

ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら