感染拡大地からからの帰省 望む父(2021/04/29)

同じお悩みの方、多いでしょうね。

・20代女性学生、父は単身赴任中
・大型連休中に帰省をするという
・父の赴任地は新規感染者が多いので帰省は控えて欲しい
・家族のために仕事を頑張っている父には感謝しているが、帰省を控えて欲しいというのは差別でしょうか

差別かどうかって言えば差別じゃないですよね。差別という言葉そのものはお父様からまず発せられたものですから。

単身赴任で寂しい思いをされているようですね。それがわかってあげるべきポイント。

端っから「来ないで!」ではなくて、「来るのだったら」と徹底した感染防止対策をお願いしてみたらどうでしょうか。

今日はサイコロです、コロリン♪

艮為山の4爻

艮其身/无咎

自分自身は動かない、上役がいるので、自分の分を守ってタイミングを見計らう

他変爻を見ても、帰省を勧めるものはなさそうです。では、どうするか。

これはやはり、お父様の寂しさをわかってあげる策に勝るものはないのではないかと。

亭主元気で留守がいいとは昭和の高度成長期のフレーズですが、ひょっとするとそういう状態になってしまっていたかもしれない、と省みることが功を奏するでしょう。

回答です。

なかなかの撃退策ですが、これは裏爻の兌為沢が示すところですね。

滝詣連続260日目(2021/04/29現在)

ひさびさの水量の滝はちょっと怖かった。これが氾濫とかしたらひとたまりもないわ。治水ってほんと大切なんだな。

またもや半額です

 

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top