生命力を高めるとは?

TODAY'S CONTENTS

1:私の都合
2:鍼灸とは何か
3:虚実と補瀉
4:生命力を高めるとは?
5:ゼロから始める経絡治療

1:私の都合

ちょっと見てくださいよ。

このブログ、鍼灸部門で1位なんですよ。

なんでこのブログが鍼灸部門やねん!とおっしゃるそこのあなた。

すっかりお忘れかと思いますが、ゼロから始める経絡治療なるものがありまして。

ゼロから始める経絡治療

これをもっと頑張るつもりだったのです。なのでブログのランキングも鍼灸で参加したのですが。

が。

なんでもかんでもコロナのせいにしちゃいますけど、ちょっと出鼻を挫かれた感がありまして、当初の「やったるでー!」が消え失せてしまったのです。

身体のこと、鍼灸のこと、経絡治療のことをもっと書くつもりだったのすが。

が。

全然やんけ!!

こうも鍼灸の記事をあげてないのに鍼灸部門で大きな顔をしていてはクレームが来かねない。早く身体関連の記事を書かねば!

ということで(どういう?)今日は急遽、体のことを書かせていただきます。

2:鍼灸とは何か

これは「ゼロから〜」でも説明させていただいてることなんですが、鍼のそもそもの定義はですね

経絡の虚実をうかがいそれに対して補瀉を行うこと

なんです。明治の八木下勝之助という先生のお言葉です。

馴染みのない言葉がありますね、虚実と補瀉。

虚実とは、足りないことと過剰なことです。

足りないとこを補うのが補(ほ)で過剰なものを取り去るのが瀉(しゃ)です。

3:虚実と補瀉

これは陰と陽のバランスが取れている状態です。理想的な好ましい状態です。

しかし、実は人間の体ってこういう状態であることってまずないのですよ。外からの刺激とか内的なものとかいろいろあって、バランスは崩れているのがデフォと思っていただいた方がいいです。

これは陰が過剰な状態です。なので過剰な陰を取り去らなくてはなりません。これが「瀉」です。

これは陰が不足している状態です。なので足りない陰を補わなくてはなりません。これが「補」です。

虚実を見極め補瀉を適切に行うことで体のバランスが正常になります。

4:生命力を高めるとは

生命力を高めるとか免疫力を高めるって言葉に弱いでしょ?

ね、弱いでしょ!!

しかし、では何をするんや、となると具体的なものがない。

そこに似非医学とか子宮系がつけ込むのですよ(キッパリ。

そこで私は「生命力が高まる」とはどういう状態であるかを定義しました。

それは、陰陽のバランスが取れた状態が少しでも長く続くこと、崩れたバランスをすぐ直せること、です。

陰陽がずっとこうなってたらいいのですよ。

そのために鍼灸、経絡治療、氣鍼医術がよい働きをしてくれます。

5:ゼロから始める経絡治療

本来なら専門家が鍼を使って行う経絡治療、それを指や家庭の針でできるようにしたのがコネクトロンの「ゼロから始める経絡治療」です。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top