推しに押されて

TODAY'S CONTENTS

1:ブリーチしました

2:ブリーチのわけ

3:抽選券取得

4:からほり動物園

5:大阪のおばちゃん

6:文楽鑑賞教室で泣いた

7:推しに押されて

1:ブリーチしました

金運が上がりそうな画像だと言われました。

待ち受けに使ってもいいですよ。

2:ブリーチのわけ

ありとあらゆる人から”なんで?”と尋ねられました。

6月7月に行くライブが4本あるんですよ。

ダメもとで応募したら全部当選したんですよ。

間違いなく私が会場で最年長というものもあり、これはちょっと気合を入れなくてはな、と思いまして。

痛いオバはんとならぬよう、心身というか主に身体を引き締めていかないと、ダイナマイト!

3:抽選券取得

前項で”全部当選した”と書きましたが、実は当選していません(どっちやねん。

4本目はまだ当確が不明なのです。

抽選券を手にしただけなのです。

抽選券配布会場の難波のタワーレコードに着いた時、既に30人ほど並んでいました。

ひとりでCDを5枚も10枚も買う人の実物を初めて目の当たりにしました。

ダメだ、勝てる気がしない。

ライブ当日に会場で抽選があり、当選した人だけが中に入れるという過酷なシステムです。

4:からほり動物園

抽選券を手にした後は谷町六丁目の gallery そら さんへ(画像はサイトよりお借りしました。

お目当ては マツイヒロミ さんの作品です。

動物園の方に参加ということでしたが、作品に描かれていたのは動物というかエビだったよ。

マツイさんの作品はいつもとても美味しそうです。

5:大阪のおばちゃん

人生で2度目の文楽鑑賞にお誘いいただきました。

文楽劇場は日本橋にあります、黒門市場のすぐそばです。

鑑賞前に入った喫茶店、有名店のようですが、そこのマダムが「これぞ大阪のおばちゃん」という方でした。

まずは「ええ髪の色やなあ」から始まって、着ていたワンピースをこれでもかと褒められました。

この話芸は身につけねば!

膝に広げた手拭いを、大吉てええなあ、とこれまた褒めたおされ、これは配布用に持ち歩くべきだったかと悔やまれました。

6:文楽鑑賞教室で泣いた

緑の着物のお人形は実は柳の精なのです。

これがただの美人にしか見えなくなりましてね!

本体である柳が切り倒され、その柳を母と知った息子がその木を引いていくというお話に涙を禁じ得ませんで!

ひとりで行っていたなら間違いなく嗚咽です。必死で堪えました。

7:推しに押されて

ライブも文楽も、Twitterのフォロワーさんがタイムラインでそれへの愛をだだ漏れにされていたものです。

他者の推し熱に私は感化されてしまったのです。

なんという啓蒙力!

ちょっと私は自分の「好き」を訴える力が不足してるんじゃないの?

みなさんから「好き」のエネルギーをいただくように、私も自分のそれをばら撒きたいですよ!!

 

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top