3か月で「離婚」言われた娘(2021/07/01分)

相談文全文はこちら
https://www.yomiuri.co.jp/jinsei/20210630-OYT8T50142/

・60代女性、30代後半の娘のことで悩んでいる
・娘は40代前半の男性とけっこん、同居してまだ3ヶ月余り
・突然、離婚届にサインして提出するように言われた
・3ヶ月のうち2ヶ月は夫氏は実家に帰っていた
・共働きを望まれ、帰宅が早い夫氏はすぐに食事ができるように夕食の支度をしてから出勤することを求め、それを守っていた
・真面目な娘はそれを守ってきたが、不器用に生活してるなと思いつつ、口を挟まずにいた
・娘は話し合ってもう一度やり直したいようです

モラハラにリーチではないですか。

真面目とか不器用とかってワードは似つかわしくないですよね。この場でそんな言葉を使われることに猛烈に抗議したいです。

いかん、いかん、娘を心配する相談者さんのお気持ちにちゃんと向き合わなくては。

今日はサイコロです、コロリン♪

天風姤の4爻

包无魚/起凶

包んであったはずの魚が無くなった、好ましくないことが起きる。

女性性がらみの問題で、相談者さんの女性(妻とか母とか)としての”ねばならない”が仇となっている気配。

之卦は巽為風で「悔亡」と良いものを示していますが、では、そのためにはどうすればいいか。

互卦は乾為天、成長、アップデートですね。これまでのご自身の考え方を改めるべき時でしょう。

経験則からいきますと、離婚に至るのは選択の時点で選ぶべきではないものと繋がってしまってるケースが多いです。

やり直せるものとやり直せないものがあります。

その見極めができるよう、しなくていい我慢や犠牲を真面目とか不器用とかって形容しなくて済むようになったらいいですね。

回答です。

そうか、ポイントは口出しの是非か。我慢が美徳という価値観だけは娘さんから取っ払っていただきたいものです。

もしもこの娘さんがコネクトロンに相談にこられたとしたら、お母様の見えない”ねばならない”に囚われていたことに気付いていただくことになるかと。

いかん、いかん、昨日に引き続き荒ぶる内容となってしまった。

滝詣連続323日目(2021/07/01現在)

コンビニで売られている切り身そのまま、みたいな焼き魚、チュールや高級ネコ缶で舌が奢ったお猫さまには見向きもされないようで。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top