名前 正しく読まれず不快(2021/07/03分)

相談文全文はこちら
https://www.yomiuri.co.jp/jinsei/20210702-OYT8T50046/

・40代女性会社員、名前を正しく読んでもらえず不快
・私の名前は「よしえ」ですが初対面の人には「みえ」と読まれる
・訂正しても「みえ」と言われる
・初出社の日に「みえ」と呼ばれた時は昨日や今日に採用が決まったわけではないのに間違えるなんて、と怒りが込み上げた
・「みえ」ならまだしも「みほ」「えみ」などと間違われ、訂正するのも疲れた
・私の名前はそんなに覚えてもらえないのか、自分を否定されたように思う
・最近あえて名前で呼び合う人たちと関わるようになり、また間違われ嫌な思いが再燃
・たかが名前、何と読まれようがやり過ごしていくしかないのか

みなさんご存知のように(知らんか)私は父方の苗字も母方の苗字も三文判がない姓だったので、初対面で正確に呼んでもらえることがほぼなく、間違って呼ばれても(読まれても)訂正しないという悪い癖ができてしまいました。

ところが「タカタ」を「タカダ」と読んでも「違います」と訂正されたりとか、ああ、世の皆さまはちゃんと訂正するんだな、とプチ驚きました。

人の名前を間違って読む(呼ぶ)のは失礼に当たるのだな、自分が無頓着だからといって人様もそうと思ってはダメなのだな、とかなりいい年になってから学習しました(遅いよ。

今日はサイコロです、コロリン♪

天雷无妄の3爻

无妄之災/或繋之牛/行人之得/邑人之災

牛を繋いでいたら通りすがりの人が盗んでいった、なのに村人が疑われて災難もいいところ

貰い災いの恐れ、いらんことに首を突っ込むな、です。

自分を否定されたように思ってしまう、が主訴ですね。だったら、名前を読み間違われるのは否定ではない、と思えたらいいんですよね。

多分、美恵か美枝か美絵か美江さんなんでしょうね。これは”みえ”って読んじゃいますね。

間違えちゃうのはわざとじゃないし、もちろん意地悪でもない。

自分の本音を示す裏卦は地風升、誇り高き方ですね。

相手を示す賓卦は山天大畜、お付き合いの積み重ねの豊さを示します。

珍しい名前って覚えてもらえるんですよ。

間違われるたび、相手には「あ、そうだ、この人は”みえ”さんじゃなくて”よしえ”さんだった」とインプットされます。

問題解決の互卦は風山漸、これも積み重ね。

”みえ”から始まって”よしえ”を認識してもらうプロセスこそが大切なんですよ。

とはいえ、親からもらった名前を間違われるって嫌ですね。親御さんを大切に思えることこそが相談者さんの宝物ですね。

私なんて、自分の名前が嫌いだって言ったら、親からもらったせっかくの名前なのにそんなこと言うもんじゃない、ってたしなめられたことありますしね(うるせえ!と思っていたのはここだけの話にしてくださいよっ。

回答です。

あなたが軽んじられているわけではないんだよ、という言い聞かせにどうしてもなっちゃいますよね。

滝詣連続325日目(2021/07/03現在) 

久々の水量、涼しくて気持ちいい、ここで1日中ゴロゴロして飲んどきたい。JAZZはニュージーランド産のリンゴ、小ぶりなとこが好きなのです。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top