劣等感、不安、楽しくない(2021/09/11分)

相談分全文はこちら
https://www.yomiuri.co.jp/jinsei/20210910-OYT8T50059/

20代女性、大学3年生、コロナでオンライン授業と対面授業が並行して行われ疲れたそう。

(今の学生さんはほんと大変だと思います。そりゃ疲れます。)

ご両親は卒業さえしてくれたらいいと言われているそうですが、そういうわけにもいかない。

就活やインターンの話が周囲に出ていて、自分も活動しなくてはいけないと思うけど仕事帰りの人を見て駅で泣くこともあるとのこと。

(んー、これはお仕事の大変さに思いが至ってしまってということなのでしょうか。)

持病があり長くは働けない

(勤務時間のことかな?)

公務員予備校に通っていたけど、泣いてダメになった。

ストレスから体調を崩しがち、食べ過ぎてしまうことも、友人付き合いも気を使って人間関係がうまくいかない。

学校のカウンセリングにも通っているが、最近は生きてて楽しくない。

劣等感から自分と人を比べてしまう、とあるのですが、どんなとこでそれを感じられるのか、元々の相談文には詳しく書かれてあったのかな?

それがもしも健康問題所以であるなら、体調を優先しなくてはなりませんし。

コロナ渦中では元気な人でも疲れてしまいますし、持病があれば尚更のこと、無理をしないという手もあります。無理をしない、頑張れないことでご自分を責めることのありませんように。

病は気(罪悪感)から

今日はカードです。

・ブロックしているもの「復讐」
・では、どうするか「つながり」
・得られるもの「ヴィジョン」
・現状「法皇」

在学されてる大学、学部はどうやって決められたのでしょうか。行きたいとこ、勉強したとこに入られました?

ご両親が「卒業さえしてくれたらいい」とおっしゃるのは卒業後の経済的不安がないからのように思います。

もしも持病が小さい頃からのもので、ご自分で何かを決めるということがしにくい環境であったなら、相談者さんの鬱屈は今に始まったものではないでしょう。

健康状態を心配するご両親のお気遣いも、ありがたいとは思いながらも不自由感を伴うものだったのでは?

「ヴィジョン」という大変いいカードが出ています。

ビジョン〜時間を未来から現在に流すために

この先まだまだ長いです、将来的に本意な物をつかむためにも、今は焦らない方がいいです。

ほんとに好きなもの、ほんとに楽しいと思えるもの、ほんとにやりたいと望むもの、そういったものと出会うための機会作り、そのために時間を費やされてはいかがでしょうか。

方向性を定めるにあたり、体調なども考慮してプランを作られては。

今のまま進めば、不本意な想いにずーっと足取り重くさせられるままと思います。

コネクトロン的には相談者さんに心が躍る状態を獲得していただきたいです。

そのために、先を急がないという選択がおすすめです。

回答です。

その境地にたどり着くの、大変だと思うんですけど。

言うは易し、ですね。

滝詣連続395日目(2021/09/11現在)

展望台のちょっと下にトイレ工事中がもう何ヶ月か。ショベルカーが登場してたけど、どうやってここまで持ってくるのか想像できない。マンションの工事してるの見ても思うけど、足場の板も人が担いで運んでるんだよな。すべてはマンパワー、賃金が安く叩かれるってあかんとおもう。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

画像は ElisaRiva さんからお借りしました、ありがとうございます
https://pixabay.com/images/id-2379687/

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top