障害者揶揄の婚約者に失望(2021/10/09分)

20代の女性会社員。障害のある家族をもつ婚約者が、障害者を 揶揄やゆ する発言をしました。心底驚き、悲しい気持ちです。

相談文全文はこちら
https://www.yomiuri.co.jp/jinsei/20211008-OYT8T50035/

揶揄という言葉は良い意味で使われることはありません。

相談者さんが婚約者さんの発言を”揶揄”ととったということは、どうひっくり返ってもその発言をかばいだてできるものでは無いということなのでしょう。

怖いのが、その揶揄の対象がいつ自分になるか分からないということです。

揶揄夫はたやすくDVにシフトするやもしれぬ。

今日はサイコロです、気持ちの整理か断捨離か、コロリン♪

水風井の初爻

井泥不食/旧井无禽

井戸の水が泥で濁っている、この井戸には鳥も寄り付かない

水風井は宝の持ち腐ラーを示す卦です、つまり、相談者さんの本領が発揮できていない、となります。

之卦は水天需、相容れないものを示します。

解決策を示す互卦は火沢睽とやはり相容れないことを示します。

火と水なのです、結婚する前にわかって良かったのではないでしょうか。

婚約者さんの家族に障害者があるという点、そこで婚約者さんが背負ってきたものが何か出るかなと思ったのですが、例え出たとしてもそれを相談者さんがほぐしてあげるには荷が重いようです。

回答です。

自分の違和感を抑えてしまうと、その後はずっと言い聞かせの人生となりかねませんから。

滝詣連続423日目(2021/10/09現在)

地下鉄改札横の極小ファミマ、厳選された商品しか置けないだろうに「パンのお供に」ってハチミツのボトルがかなりの場所を占めている。誰が買うのだ?そんなに推しなのか?謎すぎる。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

画像は Ohmydearlife さんからお借りしました、ありがとうございます。
https://pixabay.com/images/id-4541731/

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top