夫もあきれる悪口好き(2021/10/22分)

40代の女性。悪口や噂話が大好きです。自分の性格を持てあましています。

相談文全文はこちら
https://www.yomiuri.co.jp/jinsei/20211021-OYT8T50072/

ああ、痛い。過去のやらかしを思い返してちょうど死にそうになってるとこです。この罪悪感を抱えてこの先生きていかなくてはいけないのかと思うと、滝に飛び込んでしまいたいです。

子どもの頃から、ってのがポイントですね。かまってちゃん、狼少年の類は自分に注目を集めさせるための手段ですから、なんらかの欠落間はずっとあったのではないでしょうか。

今日はサイコロです、コロリン♪

地雷復の5爻

敦復/无悔

誠意を持って元に戻る、悔いる必要はない

どこに戻るか、悪口を言わなくて済んだ頃の自分に、です。

相談者さんにとって悪口は、「ねえ、ねえ」と語りかけるための手段。

小さい頃にそういうネタを投げかけると喜んだ人がいたのではないでしょうか。

おばあちゃんがこんなこと言ってたよ

隣のおばちゃんがお母さんのことこんな風に言ってたよ

お父さんがこんなことしてたよ

小さかった頃の相談者さんは、それが手取り早いコミュニケーションツールだと思ってしまったのではないでしょうか。

どうすればいいか、への具体的な提案は2つ。

とにかく聞くに徹する、これは互卦の坤為地が示すところ。

もうひとつは、思わず人に言ってしまいたくなるような、新たな知識を吸収すること、勉強です。

頭の中がキラキラしたもので一杯になれば、どす黒いものが入り込む余地もなくなるでしょう。

相談者さんが新たに獲得したトピックは、周囲を笑顔にするものに違いない。

回答です。

悪口は人を堕として自分をあげるというマウント行為。顧みてもらえなかったという寂しさはセットです。

滝詣連続436日目(2021/10/22現在)

年内の200回達成を目指す

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

小声でデマを流す男性のフリー素材
https://www.pakutaso.com/20190618175post-21483.html

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top