05)遠隔治療〜ゼロから始める経絡治療

↓これの続き

04)四柱推命とリンク〜〜ゼロから始める経絡治療

12経脈、背中とお腹も含めて14の経脈が全身を巡っているということはご理解いただけましたでしょうか。

経絡は線路です、路線です(どっちやねん。

ツボに刺すだけの鍼とはいわば駅にしか着目していないようなものです。

線路がつながっているからこそ遠くの駅から物や人は運ばれるのです。

同じ路線の遠くのどこかの駅で事故が起これば、通行不能となり物流はストップします。

経絡という線路が巡っているからこそ、ツボを押すことで離れた部位の症状に影響があるのです。

経絡治療では、例えば痛みがある患部を直接触るということはあまりしません(ゼロではない。

肩の痛みを足を触ることによって除去する、ということがよくあります。

患部と離れたところで処置をするので、遠隔療法と言われることもあります。

満月の一斉ヒーリングとかしないですよwと言いたいところですが、実は経絡の流れは月の動きに影響を大きく受けています。新月、満月などのタイミングで顕著に変化します。

直接触らなくても治せることができるからこそ、内臓疾患や慢性病にもめざましい効果があるのです。

鍼というものはとても効果が高いので、それこそ子供が何も知らずにたまたまツボに刺したって効いたりします。

しかしそれに再現性はありません。

経絡の流れを繊細な技術で微調整することによって病苦を霧散させる、それが経絡治療なのです。

再度、鍼の定義をご確認ください。

01)鍼治療の定義〜ゼロから始める経絡治療

補瀉の概念がない鍼は鍼ではないのです。

さ、次回はようやく補瀉について説明させていただきます。

小倉出張治療会のお知らせ

全鍼灸師の3%しかいない経絡治療家、その中でも古典を臨床でアップデートし続けている氣鍼医術はもっとわずか。貴重な治療の体験機会をお見逃しなく!

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top