見つめ合うのではなく

主導権争いというカードがあります。

主導権争い

向き合うのではなく、同じ方向をむいて進む。

精神科医のきたやまおさむが、共有することと視線について触れていました。

2万枚の浮世絵にあった450組の母子像が、見つめ合うのではなく同じ対象を共に眺めていた、ってのが興味深いデータです。

そう、赤ちゃんと親って向き合ってないんですよね。

乳母車でもバギーにでも乗ってる時ってお母さん(お父さん)と向き合ってないですよね。

進む方向を一緒に見てますよね。

向き合うときはもちろん必要ですが、向き合うばかりでは進めないということでしょう。

どこに行くか、何を目指すか、それがなかったら向き合ってしまう。

互いのアラばかり目についてしまうかも。

パートナーシップにおいても、どうなりたいか、という行き先を持つことは大切でしょう。

その行き先を目指して、二人で手を取り合って、もしくはお尻を叩き合って進めばいいのです。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top