コロナ症候群、再び

献血ルームの無料リーディングがいつ再開するかわからないから、月曜日と木曜日の過ごし方を考え直さなくてはならないかも。

というわけで(どういう?)コロナ収束の気配がまた薄くなってきましたね。非常事態宣言の時と比べたら呑気なものかもしれませんが、澱のように疲れが溜まっていてる感があります。

なんかね、疲れるね。

で。

何かの”せい”にできないと、人は自分を責めてしまいます。

コネクトロンの過去事例でもいっぱいありました、たとえば生まれた国、生まれた順番、親の問題、等々。

自分ではいかんともしがたいものの”せい”で不利益を被ってしまうと、自分ではどうにもできないのであきらめるしかありません。

文句をいっても対応してもらえるわけでもないので、あきらめるしかありません。

不利益の原因を自分の”せい”にするしかないのです。

そしていったん背負った罪悪感は、なかなか下ろすことができません。

仕事がうまくいっていないのはほんとにあなたの”せい”なの?

やる気が起きないのは、ほんとにあなたの”せい”なの?

違くない?

それってコロナの”せい”じゃない?

だって来るはずだったお客さんが来れなくなったのはコロナの”せい”だもの。あなたのお仕事の魅力が薄れたわけじゃないもの。

予定どおりに仕事が進まないのは、必要だったものが手に入らなくなったからだもの、届かなかったのはコロナの”せい”だもの。

コロナめ!って思っても、コロナが謝ってくれるわけでもなく、コロナが損害賠償してくれるわけでもなく。

そのあきらめはたやすく、無力な自分、と自分を責めることにシフトしてしまいます。

まずは、疲れてる自分、とご自分をいたわってあげてください。

そして。

つい見失ってしまったご自身のリソースの豊かさも再度棚卸しを。

そうだ、そうだ、私ってばこんなに持ってたよね、これまでは活用できてたよね、と思い出してください。

そしてコロナの”せい”で出来なくなってしまったことは、たとえその1/100の1であってもなさってください。

水をやり続ければ、環境が整ったときには種は芽を出しますよ。

どんな種もってたか忘れた、水のやり方ってどうするんだっけ?という方は、どうぞコネクトロンにお尋ねください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただくと励みになります♪

✨✨✨ おみくじ、ジャミラくじや! ✨✨✨

クリックする前に、お題を思い浮かべるんやで〜