痛いの痛いのとんでけー、をしてもらっても傷は治らない

はい、今朝の朝日新聞です。
f:id:connectronkobe:20130404080840j:image
「不安隠し無力感抱く母たち」 斧澤克乃さん(心療内科医)

国やら東電やらが大丈夫だ、大丈夫だ、と言ってるけど
実は全然大丈夫じゃない、ってのはもう周知のことで。

安全です、特別なことをする必要はありません
放射能恐怖症のお母さんが増えて困ってます

県や市が安全だと言っているのだから大丈夫でしょう

放射能のことは忘れて暮らしたほうが心が楽、と無理矢理思い込むことで
心のバランスを保とうとしている人が増えていると感じます

リスクがあるのに「安全だから」といって不安のみを取り去ったら、
子どもたちを無防備に被爆させる危険が残るだけです

これ、これ、これらがつまり「言い聞かせる」ってことなんですよねー。

言い聞かせる = 心にフタをする

痛いの痛いの飛んでけー!ってして貰って
ま、その場では痛いの飛んできますよね。
痛いの痛いの飛んでけー、って言って貰って飛んでっちゃうってのは
つまり信頼できる関係があるってことですもんね。

でも。

傷が治ってないのに痛いと思えなくなってたら?
信頼ある関係がゆえに、痛くない魔法してもらったから
痛いと思っちゃいけない、と思ってしまっていたら?

ケガした
傷を治す手だてがない
痛くない、痛くない、と自分で自分に言い聞かせる
傷→悪化

傷にフタしないでください、絆創膏で誤摩化さないでください。
ちゃんと外気に触れさせて、きちんとカサブタにして完治させてください。

そのとき、あなたの穴ぼこは本当に埋まるのです。
そして、上にモノを積み上げていくことが出来るのです。

穴ぼこ埋設工事、お手伝いさせていただきます。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top