病気がなかなか治らない方へ

水曜日の漢医堂『心の相談日(こういうタイトルになった)』、昨日は3回目でした。ちょっと慣れました。
f:id:connectronkobe:20160608140127j:image:w360
これがウェイティングスペースwww
f:id:connectronkobe:20160601172044j:image:w360
f:id:connectronkobe:20160601171854j:image:w360
昨日はおひとりの方が来られる途中で体調が悪くなったそうで、到着された際には冷や汗タラタラ顔面蒼白で、着いた途端に崩れ落ちられましたよっ。横になっていただけるベッドがあってよかったwww

幸いなことにちょっと休まれたら復活されましたが、もし復調してなかったらどうしたもんだかですね。私も『脈診』できるようになっておかなきゃダメかなー。

さて、病気がなかなか治らないという方がいます。どんな名医に身を委ねてもなかなか症状が改善しない。なぜでしょうか。

そらー、病気であることにメリットがあるからですよ。二次利得があるからですよ。

病気の二次利得といえば、ほぼ2つです。

1:何かをしなくて済むという言い訳にできる

2:ケア、フォローをしてもらえる

テストになったら子供が熱だす、ってのは前者でですね。

後者は、ケアやフォローが足りてないって方に頻発です。ケア、フォローのなさが穴ぼこになっている方です。足りてないんだから、不足分を埋めないといけないですね。ケアやフォローが必要な状況に身を置かないといけないですよね。元気ハツラツだったらケアやフォローして貰えないですもんね。

こういうケースの場合によく出るのはこちらのカード
f:id:connectronkobe:20160616112455j:image:w360
『自立』です。ひとりでも大丈夫だもーん、頑張るもーん、って肩肘はってる状態です。その頑張りが、欲しかったケアやフォローを貰えなかったためのあきらめゆえならば、より大きなケアやフォローを得るために当然体は深刻な状態となります。頑張ることができない状態になってしまうのです。頑張り力が強い人ほど、ケアの必要な状態にするために強力な困難を引き寄せることとなります。

もひとつ
f:id:connectronkobe:20160616113949j:image:w360
『復讐』です。
参考エントリー:『復讐』の復習
私の人生返してよ!的な怒りがあります。うっかり幸せになってしまうと文句を言う必要がなくなってしまうので、文句を出し切るまでは自身を幸せにすることはありません。やらかしてしまう、物事が続かない、という方に多いですね。

小さい頃に、体調を悪くしたら『病院に行かなきゃいけないから医療費がかかって困る』と言われ続けた方がいらっしゃいました。熱を出したりしたら怒られるのです。いくら怒られたって体調は悪くなるときには悪くなります(当たり前。

当たり前の体調不良がやってきて、これはお医者様に助けを求めざるを得ないだろう、という状況になった場合、この方を『恐怖』と『罪悪感』が襲うのです。また怒られる、と。

もちろん、今は病気になったからといってこの方を怒る人などいないのですけど、小さい頃にインプットされた呪いは時限爆弾のようです。

本来の体調不良の原因以外のものがやってきます、恐れと罪悪感由縁のものが。それはお医者さまには見つけにくいようですね。見つけることはできても、治すことは難しいようですね。だって恐れと罪悪感から解放されるしか治す手段はないのですから。

体調不良のときに心置き無く体を休める、ということが出来ません。当然、治りません。ずーっと体調不良を引きずります。もう、どこが悪いのかもわかんなくなっちゃいますね。

本来ならケアとフォローを貰うための手段のはずなのに、それすら出来ないのですよ。

この方の体調不良は二次利得ですらなく、本当に自分を痛めつけているだけなのです。

治るためにはどうすればいいか。

お熱だしたとき、怒られて嫌だったね

お腹いたくてしんどいとき、大丈夫だよ、って言って欲しかったね

心配しなくていいから、ゆっくり休みなさい、って言って欲しかったね

と、ちっちゃいちゃんに語りかけてくださいね。

そうすれば今、実際にあなたの傍に居る人からの労りの言葉を受け取れるようになることでしょう。心置き無く、体調不良のときに休むことが出来るようになるでしょう。

小さい頃に熱を出したら怒られた、という事実、憶えていらっしゃらない方もいるでしょう、それはトランスの時に出てきます。憶えている、記憶にある、という方はそのことがどのように自分にダメージを与えているかの認識がないので、憶えていらっしゃらない方より重症です。

熱を出したら怒られた、という因果の因と、体調不良という因果の果を結ぶ作業が必要です。コネクトロンが大得意とする、風が吹けば桶屋が儲かる、のプロセスを明確にすることです。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top