今朝、ムカついたこと

ラジオ聞いてましたらね、なんかすごい怒ってる人がいるんです。

街頭で怒ってる人にマイクむけてるのかと思ったらそうではなく、普通の電話インタビューなんですが、よぅ公共の場でこんだけ怒れるな、ってくらい怒ってらっしゃるんです。

何に怒ってるか、どうもアスリートのようで、年齢を言い訳にすんな、何歳になっても走れる、工夫をしろ、とそれはそれはすごくて。

インタビューは終わり、相手をしていたアナウンサーが「怒られちゃいました、厳しく言うのも愛ですね」とかって締めにかかったんですが、ちょっと聞き逃せない言葉が。

治せない怪我を神様は与えない、と。

(゚Д゚)ハァ?

(゚Д゚)ハァ?

(゚Д゚)ハァ?

今、聞き直してるんですけど、努力不足、研究すればなんとでもなる、って。しないのは怠慢であると。

これ、典型的な自己責任論ではないかと。

あきらめたら終わり、とか。

サバイブできた人というのは、こうも傲慢なのか。

アスリートの特性なのか。

だから「私たちの活躍でみなさんを元気づけたい」とか言えるんだな。

何様ぢゃ、おまえは!!

活躍している人の元気のお裾分けは強精剤のようなもの。

弱った胃腸の人はそれも受けつけない。

そういう弱った人の存在が想像できないのか。

頑張る体力があって、成果を出すことだけが正義という檻の中にだけいて欲しい。

止まない雨はない、って言葉が何の慰めにも気休めにもならんということで。

神様は克服できる苦難しか与えない、ってのも同じく。

使用には要注意です。

↑小倉、行ってきましたー。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top