あなたのビリーフって観念?それとも信念?

えー、昨日のブログの検索ワードなんですけどね
f:id:connectronkobe:20120920081320j:image:w360
美人占い師てwwwww
しかしいつも不思議なことですが、この検索ワードでググっても
自分のブログにはたどり着けないのよねー。
なのになんでこの検索ワードがあがってくるんだろうな。

あれはNLPのコースを受講していた時です。
なんせ私のポリシーは「受講費の元をとること」ですので、
習ったことは次の日から、まるで10年前から知ってることのように使ってましたよっ。
で、エンプティ・チェア習ったんです、
当然のように翌日からバンバカ使っていたのですが、これがもう、おもしろいように効果があるのですよ。
いっときは、これしかやってなかったんじゃないかな、占いから最も気持ちが離れてた時でした。
トランスに入っていただく、ということをやり始めた時も、
では目を閉じてください、と言った直後にガッツリ入ってしまわれる方が頻出で、
すげー!!ひょっとして私って天才??とか思ってましたよ(こらーっ。

私自身は入り難いのです、なんたってコア・ステートも行けてない人間ですから。
思考が勝ってるんでしょうね、自分ではできないけど人にはできるんですよ。

習ったことがこうも「効く」ことが不思議で、それを師匠の垂水明美さんに言いましたところ、
それはあなたが、効果がある、って信じてるからよ、と答えられました。
それを使って成果を出すんだ、って信念があるからよ、と。

なるほどねー、効果があるって信じてるというより、
なんせ元を取らなきゃってイジマしい気持ちのほうが勝ってたと思うんですけど、
でもそれが結果的には効果があった、ってことなんでしょうね。
自分がもってるビリーフのように人は世界を作ってる、ってまさにその通りですね。

BLIEFの日本語訳は、信念、観念です。

ビリーフが邪魔になってる、って使い方してる時はネガティブな意味での観念です。

みなさんご存知のように(知らんか)、私はいかに泣かせるか、ということに
血道をあげているわけですが、なので涙を流されなかった方に対しては
猛烈な敗北感があるのです。
泣かせることが出来なかった、泣いていただけなかった、穴ぼこ埋められなかった、と。

先だっても、一滴も涙を流されなかったお客さまが帰られたあと、
また泣いていただけなかった、と某所でぼやきましたところ、
それは泣かせないといけない、というビリーフなのでは?というご指摘を受けました、
いや、受けたように感じました。
たしかに、涙を流されなくても実は穴ぼこ埋まってるかもしれない。
泣かせないといけない、ってのは私の勝手な思い込みなのかもしれない。

が。

泣くことによって、ヨシヨシすることによって穴ぼこを埋める、ってのは私のやり方なのですよ。
泣いて気持ちを完了していただくことによって穴ぼこを埋めることが出来る、ってのは私の「信念」なのですよ。
なので涙を流していただけなかったことに対して、力足らず感を持ってしまうのですよ。

ま、人の信念なんてうっとうしいだけかもしれませんけどね。
観念ととるか、信念ととるか、えらいこと違いますね。

でも、どんな信念を持ってる人を選ぶか、という選択肢のひとつではないでしょうか。

泣いていただくことによって穴ぼこが埋まる、という私のやり方を選択してくださった方には
涙を流していただくことで、文句を言ってたちっちゃいちゃんの気を済ませることができるということです。

さあ、泣きに来るがよい!!

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top