矢面に立たされるのはやっぱりおかあさん

まずはこちらの再読をお願いします。

http://connectron.love/20120914-1347574591/

 

恨んでも恨まなくてもいいんです

またぞろ似たようなケースが続いたのでまとめて書かなきゃ、と思ったんですが読み返してみたら上記の2記事ですべて書いてましたwww

追加するならですね、おとうさんへの文句を押し殺しておかあさんを責めてる方って、もう例外なくおとうさんのシャドーとしてダンナさんが問題起こしてます。まったく同じ、と言っていいくらいの問題を。

おとうさんに言いたかったのに言えなかった文句、その文句をぶつけるにふさわしいことをダンナさんがやらかしてくれてます。

ありがとう、ダンナさん!おくさまに気付かせようとしてくれてるのですよね!!(いや、ほんまに。

てっきり穴ぼこはおかあさんだと思ってのに、実はおとうさんだったってことがなぜわかるか。

トランスです。

素面(?)の時は頭で考えてますから、目に見えるわかりやすいものが占めてます。でもトランスでほんとのとこが出てくるのです。まー、これはほんま不思議といえば不思議ですよね。まさにフタが開いて隠されたものが出てくるってカンジで。

http://connectron.love/20121202-1354395269/

トランス前のお話で、だいたいこれだろうな、と予想してるんですけどそれがまったく覆されて、そこ?と私も驚きますが、ご本人さまも、これだったの??と驚かれることが多いです。

こんな調子なので(どんな?)、何が出てくるかわからなくて怖い、と言われる方が多いのでしょうけど、おっと、この続きは別記事で(いやらしい引っ張り方だな、おいっ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top