子どもの同級生の親 不愉快(2021/05/03分)

モヤるのは論理が破綻しているシルシ、というのは浅田すぐるさんの弁です。これは私の60年間の人生で五指にはいる目から鱗感というか膝の皿割り感を与えてくれたものでした。

・30代女性会社員既婚小4の息子
・息子が女子から文房具を破壊された
・担任に相談、女子に謝らせて解決
・女子の父親から電話
・父親が学校で待ち構えていて怖くなりトンズラ
・夫に対応してもらって解決
・1年以上たった今も復讐したくなる
・母親はPTA会長、娘は成績が良い
・私たちに勝ち目はない
・息子はもう気にしていないよう

モヤりました。「勝ち目」ってなに?

恥ずかしながら私にもありました、全ての関係を勝ち負けにしてしまうことが。自分の思いが通らないことは全て負けなのですよ。折り合いをつけようって考えが端っからないのですよ。

夫さんが対応してくれて解決した、ということは件の父親の主張もそう無茶なものではなかったのではないかと思いますが。

最初の電話も、ひょっとして謝罪の電話だったかもしれませんし。

PTA会長とか勝ち目とか、ルサンチマン感が満載です。相談者さんがそうなってしまった生育歴に思いを馳せずにいられません。

勝ちに拘ってしまうのは、負け続けてきたせいです。

いえ、負け続けてきたせいではありません(どっちやねん。

負けだ、と思うようになってしまったせいです。

勝ち負けは他者との比較によって発生するもの。つまりは他者と比べられた痛みがあるということでしょう。

ああ、なんかこの相談者さんがカワイソすぐる!!となってしまった私を許してください。

あ、相談者さんにはもいっこありますね、否定されることへの耐性のなさ。これも私自身がそうだからよくわかる。

今日はサイコロです、コロリン♪

山地剥の4爻

剥牀以膚/凶

牀はベッド、膚は人の皮膚、つまり人、ベッドが崩れて人に危害を及ぼす、この場合ベッドとは何か。

これまでの相談者さんの身を守ってきた考え方かと思われます。

相手を敵と思うということは、敵を増やすということ。敵でもなかったものをわざわざ敵にしてしまうということ。

武器は先に手放した方が楽になれますよ。

回答です。

夫さん、息子さんの落ち着きようが救いですね。それをご自分のギフト、拠り所とされては?

きっと相談者さんが小さい時にはなかったものでしょうし。

滝詣連続264日目(2021/05/03現在)

商業地区は人通り少ないのに、山の密具合ときたら!!歩けませんよ!!もちろんバーベキューも。今日は10組のご利用です。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top