人との関わり 自信がない(2022/03/03分)

40代の主婦。人と関わって生きていくことがストレスで苦しいです。

子どもの進学もあり、家計を助けたい気持ちはあるものの、また人と関わって嫌な思いをするかと思うと気が重いです。働くこと、生活することは人との関わりが避けられないとわかっていますが、自信がないのです。こんな私にアドバイスをいただけたらありがたいです。(東京・R子)

相談文全文はこちら
https://www.yomiuri.co.jp/jinsei/20220302-OYT8T50059/

こういうお悩みをうかがうたび思うのが、でも結婚してるやん?なんですよ。

人間関係に婚姻関係は含まれていないんですかね?

親友つくるより恋人つくるほうが簡単です

婚姻関係は家族だから、と言われるなら、人間関係から婚姻関係にたどり着くまで、そのハードルはどうやって乗り越えられたのでしょうか、大々的にアンケートをしたいところです。

それと同じく(同じなのか?)友達がいない、人間関係うまくやっていけない、という方もお話をうかがっていたら「友だち」という単語が頻出するケースも少なくなく、あんた友だちおるやんか、と突っ込んでしまうことも珍しくありません。

みなさんが悩んでいる「人間関係」の定義ってなんなんやろ、とこれまた大々的にアンケートをしたいところです。職場とか学校とか特定の集団内ってことなのかな?

前振りが長くなりました。今日はカードです。

・ブロックしているもの「隠れた自己」
・では、どうするか「真実」
・得られるもの「神の子」
・現状「女教皇」

家計を助けるために働くか否か、というのがお題になりますでしょう。働きたいけど、人間関係に自信がない。

隠れた自己はプライド、矜恃を示します。それがあるからこそ、「負けた感じがして悔しい」と思われるのでしょう。

外の世界への恐怖はいったん横に置いて、まずはご自身の内にある資源の棚卸しをなさってはいかがでしょうか。

根拠のない自信と言いますが、相談者さんの悔しいという気持ちの裏側には間違いなく自信の根拠となるものがあります。

その姿が明確になれば、打って出る勇気も出てくるのではないでしょうか。

外の世界から守ってくれている家庭の存在も強い味方となるはず。

長きにわたっておウチで育まれたものも武器となさってください。

そんな大切なものをいっぱい有しているご自分が無神経に傷つけられてイヤでしたよね。

丶(・ω・`) ヨシヨシ

回答はいしいしんじ(作家)さん。

この言葉を受け取ることができるなら、繊細さとたくましさを両立させることはそう難しいことではないでしょう。

滝詣連続568日目(2022/03/03現在)

月刊住職、時事問題に強い!

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top