1)コンプレックスはなぜできる?

昨日は新聞休刊日だったので、今日の人生案内はおやすみです(サボったのではないことを主張。

セッション後のアンケートにご協力いただきました、ありがとうございます。

1:今回コネクトロンのセッションを受けることを決められたきっかけを教えていただけますでしょうか?

大きな変化に伴う様々なことを我慢しすぎた結果、疲れすぎて身動きがとれなくなってしまったのを指摘されたことてす。

2:問題解決のためにコネクトロンと比較されたものはありますか?(心療内科、占いなど)

ありません。

3:セッションを受けることに不安はありましたか?

なかったです。

4:セッション前にあった問題の原因は見つかりましたか?

はい。原因はいわゆるコンプレックスのようなもので、他のことは流せてもそれだけは無理、みたいなことでした。

5:セッションは問題解決のお役にたちましたか?

まだ進行形です。

6:コネクトロンのセッションを薦めていただけるなら、どのような方におすすめいただけますか?

ついつい「自分が我慢すればいいや」と思ってしまいがちな方に。

7:この内容をブログで公開させていただいてよろしいでしょうか?同じ悩みを持たれる方がブログを読んで救われたということがたいへん多いので、ご検討いただけると幸いです。

お役に立てますなら喜んで。

みなさんご存知のように(知らんか)私にはクソバイスという業病があるのですが、ここんとこ必死で抑えてます。

Twitterのタイムライン上でみなさんの嘆きやボヤキに遭遇しても、「それはね」とついリプしそうになる手を叩いて堪えています。

そんな私が(どんな?)ついに堪えきれなくなりお声かけをするという案件が続いております。

みんな、どうしてコネクトロンに相談しない?

そんなに私は頼りにならないか?

アテにできないか?

三河屋のように御用聞きをすることは必要であるなあと痛感です。

というわけで(どういう?)見るに見かねてセッションの押し売りをいたしました。

押し売りに応えてくださった仮称ESさんの事例を解説です。

続きはこちら

2)コンプレックスはなぜできる?

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top