人と会わない今が幸せ(2022/06/17分)

60代の女性。学生時代も、6年間の会社勤めも、40年間の専業主婦生活も、常に友人にも健康にも恵まれ、何不自由なく生きてきました。一人娘は他県で幸せに暮らしており、孫の成長も楽しみです。

家で庭の花を眺めながらコーヒーを飲む。これだけで幸せで、他に欲が出ません。この先、このままでよいのでしょうか。面倒でも外に出て、色んなことに関わって過ごしていないと、認知症になってしまうでしょうか。(埼玉・K子)

相談文全文はこちら
https://www.yomiuri.co.jp/jinsei/20220616-OYT8T50114/

よかったじゃないですか!気づけて!!

断捨離しなきゃ、とか”ねばならない”ベースだとしんどいですが、コロナのおかげがあったとしても必要量を自然とわかられたのは”捨てなきゃ”病の方々からしたら羨ましいことかもです。

思い返せば無駄だったかもしれませんが、いろんなインプットの積み重ねがあるからこそ新たなインプットが不要になったというとこもあるでしょう。

いずれにしてもストレスのない必要量認識に至られたのは素晴らしいこと。

で、新たなインプットを控えたことに認知症の恐れを感じていらっしゃるのですね。

今日はカードです。

・ブロックしているもの「裁き」
・では、どうするか「真実」
・得られるもの「平和」
・現状「魔術師」

とても居心地の良い境地に達することができた相談者さん、あえて、しいて付け足すならば、ちょっと意識的になっていただきたいのは「言い聞かせをしていないかどうか」です。

ミニマムともいうべき生活様式を好ましく感じるようになられたわけですが、もしも、もしもそこに「ねばならない」が顔を出してしまうかも、です。

現時点で好ましいと思えるミニマムの基準、それを逸脱してはいけない、と湧いてきた思いを封じ込めるとするなら、それはもったいないことです。

相談者さんは新たな物が不要になったのではなく、要不要の判断がストレスなくできるようになった状態かなと感じました。

ミニマムな状態でさらに欲しいと思えるものに出会えたなら、それへの愛しさは倍増でしょう。

逆に、いまあるもので十分だわ、と思えたなら今あるものへの愛しさが倍増でしょう。

いずれにしても快適な所有量を体得された相談者さんには、無駄がない故の愛しさというお宝がやってきます。

無駄はないのです、全てが必然です。

回答は最相葉月(ライター)さん。

ただ体力を維持するためにも体は動かしたほうがいい。朝の散歩や 旨うま いコーヒー店を探すところから始めてみませんか。生まれ変わったあなたにぴったりの出会いが待っていますよ。

そうそう、新しくなったご自身にふさわしいものがまたやってきますよ。

滝詣連続674日目(2022/06/17分)

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top