コロナ以降の新習慣とその活用法

マスクとかソーシャルディスタンスとか色々ありますけど、コロナ後の新しい生活様式。

私はダントツにこれです。

葛根湯、麻黄湯、柴葛解肌湯(さいかつげきとう)この3つを持ち歩くようになりました。

以前は葛根湯だけは持ち歩いてたんですけど。

葛根湯はいつ飲めばいい?

葛根湯は風邪の引き始めに、肩こりも楽にしてくれます。

ちょっと寒気がした時の服用がオススメです。

麻黄湯はタミフルより効くというデータがあります。あからさまな発熱がある時はもちろん、なんか熱っぽいなというときにもどうぞ。

そして柴葛解肌湯、これは100年前のスペイン風邪大流行から日本を守ってくれました。

恥ずかしながらスペイン風邪流行のきっかけ、これを読むまで知りませんで。

みなさんご存知のように(知らんか)コロナは肺に入ります。

呼吸器系がなんかイヤな感じ、ってときにすかさず柴葛解肌湯をキメます。

いずれも初期に、ってのが決め手です。なんかちょっとイヤな感じ、って段階でキメるのです。

それ、効いてんの?とおっしゃるそこのあなた!

効いてるかどうかを確認する術があります。

それが脉診です。

今朝ね、ちょっとイヤな感じがしたんですよ。

脉をみたら、熱気のある脉だったのですよ(熱気のある脉ってどんなの?とおっしゃるそこのあなた、「ゼロから始める経絡治療」でお伝えしています)。

ゼロから始める経絡治療

こりゃ熱があるから葛根湯じゃなくて麻黄湯だな、と判断して麻黄湯をキメました。

しばらくしたら熱気はおさまり、脉をみたらいい脉になっていました(いい脉ってどんなの?とおっしゃるそこのあなた、ゼロからry。

実は麻黄湯を飲む前に、葛根湯と柴葛解肌湯、3つのうちどれがいいかな?と一応確認したのです。

もちろん脉で。

ビールとハイボール、どっちを飲むかに悩んだら

麻黄湯に軍配があがったので(一番良い脉になった)麻黄湯を服用したのです。

かように便利な脉診、セルフケアはもちろんのこと、ご家族の健康管理にもお役立てください。

相変わらずメニューにまだない「ゼロから始める経絡治療」ですが、ご興味ある方お問い合わせくださいませ。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top