夫婦生活なし 夫が理解せず(2021/09/20分)

70代の主婦/しばらく前に腰の骨を折ったのですが、治ったと思ったらまた骨折してしまいました/それに関連して、悩んでいることがあります

相談文全文はこちら
https://www.yomiuri.co.jp/jinsei/20210919-OYT8T50040/

腰の骨を続けて骨折、主治医から「夜の生活はしないほうがいい」と言われたとのこと。

なんでそこに話がいったのかが不思議です。

「私はそれでも構わない」とのこと。直近までかなり頻繁にある様子ですね。

夫さんが相談者さんの健康に配慮がないとすれば、それこそが問題です。

これまで仲が良かったのかそうでないのか、ちょっと不思議な感触です。

今日はサイコロです、コロリン♪

雷地豫の初爻

鳴予/凶

喜びをひけらかして、慢心と思われる

骨折は喜びではないでしょうけれど、浮き足立つなということでしょう。

之卦は震為雷、奮起すべきときである。

私はそれでも構わない、はご自身の意思とはちょっと違いますね。

相手のオファーにどう応えるか、です。

相談文からは「どうしたいか」が見えてこない。

離婚したいのか、したくないのか、お金があれば別れたいのか。

セックスしたいのか、したくないのか、腰が悪くなければセックスは別に苦ではなかったのか。

主治医さんの意見は夫さんに伝えられたようですが、そこで止まっているようですね。

主治医はこう言った、ではなく、私はこうしたい、私はこうしたくない、をまずは伝えられるべきでは。

その意見を夫さんが受け入れてくれないとするならば、次の手を考えなくてはいけません。

ひょっとして、ずっと「イヤ」と言えない生活だった?

回答です。

そう、相談文を読むとモヤるんですよ、だから?となってしまう。

滝詣連続404日目(2021/09/20現在)

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

画像は klausdie さんからお借りしました、ありがとうございます
https://pixabay.com/images/id-905439/

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top