看護、介護の日々…むなしい(2021/11/22分)

50代の主婦。10年前、息子の受験のために仕事を辞めましたが、まるで私の退職を待っていたかのように、それから看護や介護ばかりの日々でした。

相談文全文はこちら
https://www.yomiuri.co.jp/jinsei/20211121-OYT8T50033/

なぜかやる気になれず、一日を無為に過ごし、むなしい気分になります。どうすればよいか助言が欲しいです。(東京・R子)

カード開いたら、犠牲とか役割とかってのが出そうですね。

重い荷物を背負い続けた日々、それがなくなった今となっても重みは残っていて、荷物がなかった時のように動けないのかもですね。

荷物を背負う前のご自身はどうだったでしょうか。

今日はカードです、パラリン♪

・ブロックしているもの「期待」
・では、どうするか「コミュニケーション」
・得られるもの「インスピレーション」
・現状「恋人たちの逆位置」

あら、残念、犠牲も役割も出なかったわ。

同じ事態となっても、一切役割を引き受けない方もいらっしゃることでしょう。

逆に、役割を与えられても適性や能力がなくてそれを遂行できない方もいらっしゃることでしょう。

相談者さんには断らない意志があって遂行できる能力があったのです。

押しつけられたことをイヤイヤやったのではないのです。

介護や看護の大変な年月で、発揮されていた相談者さんの能力はなんだったでしょうか。

その棚卸しをされることがオススメです。

こんなこと誰にでもできる、とか、大したことない、ではなくて。

相談者さんはご自身が関わった方々の問題を解決してこられたのですよ。

それは立派なスキルです。

そのスキルを今度は、ご自身にとってわかりやすい承認が得られるように発揮なさってはいかがでしょう。

仕事とは「何が」ではなく「どう」です。

相談者さんのお力で救われる人がいっぱいいらっしゃることでしょう。

ご自分にどんな力があるのかをまず把握し、それをどう生かすか、ということにどうぞお力を尽くしてください。

人を救ってご自分も力を蓄えられる、という日々でしたね。

蓄えた力を有能な武器として大活躍させてあげてください。

回答です。

そうそう、怖いのはこれといったものに巡り合えないことではなく、巡り合えてるのにそうとは認識できないことです。これじゃない、ここじゃない、って。

好きな言葉ではないのですが「置かれた場所で咲きなさい」、力を発揮する場所を選ぶのではなく、想定外の場所で想定外の能力を発揮できる可能性となるやもですね。

滝詣連続467日目(2021/11/22現在)

雨がやむのを待ってたらこんな時間に。お供えに冷麺はどうかと。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top