【ジャミラの人生案内】30代 親から自立したい(2022/10/14分)

30代の独身男性。親とのこれからについて考えています。私は一人っ子で幼少から両親に溺愛され、自分もその愛に甘えて自立できず、ずっと親に守られて生きてきました。今まで、人生の中心に両親がいたように思います。

親から離れたいけれども、離れる踏ん切りがつきません。この年でこんなことを問うのは情けないのですが、両親との距離は普通どう置くのでしょうか。自立するために、どう心構えすべきなのかをご教示いただけませんか。(京都・H男)

相談文全文はこちら
https://www.yomiuri.co.jp/jinsei/20221013-OYT8T50088/

 

まいど、コネクトロン番頭のジャミラウサギやで、ジャミたんって呼んでくれてええで。 

問題とは理想と現実のギャップのことで、親元にいるんが当たり前って思ってる人は自立でけへんて悩まへんわな。

>普通

「普通はな」って講釈たれてくる人は自分の価値観を押し付けとるだけや。相談者さんが「”普通”の両親との距離」いうんを考えるということは、何かの”ねばならない”に自分も人も押し込めてまう恐れがあるわな。

必要なんは”普通”じゃなくて、相談者さんが自分を責めんでええように、居心地のいい関係を作ることや。

さ、カードはなんて言うてくれるかな。

 

・ブロックしているもの「無価値感」
・では、どうするか「許し」
・得られるもの「恵まれた才能」
・現状「オカメインコ/スズメ、もとい、愚者の逆位置」

ちょっと参考記事を貼っとこか。

親のスネはいつまで齧ってもいいのか

「自立でけへん」っちゅうお悩みにコネクトロンでいつも提案させていただいとるんはな、「親元におるんやったら親元におる時しかできんことをしなはれ」やねん。

ま、おもに経済的なことになるけどな。

それをメリットとして活用すんねん。そしてそれが自分の血肉になった時は、自然と巣立つことができるやろう。

離れられへんいうんはな、そこから欲しいものが貰い切れてへんのやで。

本当に必要なもんがな。

それはきっと、「甘やかしてもらえる」っちゅうことやないで。

回答は藤原智美(作家)さんや。

 

問題は親子の距離ではなく、自身の精神的な自立です。家の外に夢中になれるような場を築いてください。家族以外の心許せる仲間や恋人をつくり、あなたが充実した時間を過ごすことが、一番の親孝行です。 

そ、そ、親の仕事は子どもを巣立たせることやさかいな。つまり、子どもの仕事も旅立ちや。 

 

どこに相談したらいいかわからないという体のお悩み、あるならどうぞお寄せください

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪ 

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top