パワハラで退職…みじめ(2021/11/17分)

40代の女性。上司のパワハラに耐えきれず、25年間続けた仕事を退職しました。専業主婦になった自分を受け入れられません。

相談文全文はこちら
https://www.yomiuri.co.jp/jinsei/20211116-OYT8T50073/

気の持ちようを教えてください。(宮城・E子)

さぞ悔しいことでしょう。

人の心身を破壊するパワハラ、もはや犯罪ですね。

これまでに費やしたもの、発揮できたものを思えば、それを失ったご自分を「みじめ」と思ってしまうのもやむなしでしょうか。

気のもちようを教えてください、というご相談が多いです。起きた出来事はもうどうしようもない、それに対してどう向き合っていけばいいのか。

今日はサイコロです、コロリン♪

沢火革の2爻

巳日乃革之/征吉/无咎

改革を行うなら機が熟した時に、そうすれば物事を進めて咎められることはない

時期を見極めるべし、ということが説かれています。

相談者さんはリハビリの時、動けと言われても動けないでしょう。

やっと本を読む集中力が出てきた、と書かれています、リハビリが順調に進んでいるシルシですね。

続けるつもりだったキャリアが途切れてしまったことは自分を惨めと思うくらいにお辛いことだったでしょう。

しかし相談者さんはそれで全てを失ったわけではない。

これまでを支えてくださったご家族や、周囲からの有形無形の信頼も相談者さんのリソースです。

次のステージに移る前の充電の時期と思って、疲れた心と体をゆっくりと癒してください。

目指す理想はさらに高まったのではないでしょうか。

回答です。

これまでとは違う働き方で、新たな能力を発揮されますように。

滝詣連続462日目(2021/11/17分)

いかん、いかん、すっかり夜に来ることに抵抗がなくなってしまった。このままでは絶対に飲んで帰る羽目になる。明日からちゃんと早い時間に来なくては。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top