コネクトロンの占い

みなさんご存知のように(知らんか)私が今の仕事を始めるきっかけになったのは、チビの同級生のお母さん(売れっ子占い師)に、「あんたの天職は占い師や、私より売れっ子になるわ」と言われたことです。

その時点では占いに縁も所縁も興味もなかったのに、いきなりローカル情報紙から占いの記事を書いてくれないかというオファーが来て、「これか!」と色めきたったのですよね。

占いの勉強を始めて面白いなとは思ったのですが、占い業界の裏側を見てイヤんなったのと、占いでは問題が解決しないことに限界を感じ心理学に走ったのです。

NLPの威力が凄かったので一時はNLP漬けになりましたが、NLPだけでもダメ、占いの力も役に立つことがあると気づかされました。

それで心理学と占いの2本立てでいくことにしました。

心理学はNLPとビジョン心理学、後者は前者をルーツにしているので、ま、NLPがメインということですね。

ほんで占い。

四柱推命と易とタロット、一番お金と時間をかけて習ったのは四柱推命なのですが、目の前にある問題を全て生年月日で解釈してしまおうというのがどうも受け入れられない。それでは問題は解決できない。

最終的には「ちっちゃいちゃん」と向き合うことなしに問題は解決しない、というところに着地しました。

ほんで占い。

もともと占い畑ではないので、占いに全面的に頼ることはしません。

占いばかりを頼りにする人には、占い以外の手段もあるよ、とお伝えしたいし、占いに目もくれない人には、占いって結構役に立つよ、と提案したい。

で。

活用していただきたい占いが易です、サイコロです。

なんでこんなに当たるのかわからない。当て物としてだけでなく、心の深いところを抉り出してくれる。問題の向き合うべきポイントを提示してくれる。これがあるから占いを否定できない。

決めかねた時にあみだくじを使うことってないですか?

終)あみだくじは最高の自信

あみだくじだとどっちの道を行けばいいかしか教えてくれませんが、サイコロだとなぜそれがいいのか、それを選んだらどうなるのか、までわかります。

占いにアンチな方にこそ使っていただきたい。自分の思考と向き合えます。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top