将来嘆く妻 元気づけたい(2022/03/17分)

70代の男性。夫婦とも後期高齢者ですが、わずかながら仕事をしています。しかし妻が嘆くので、ふびんでなりません。

人の豊かさって心の持ちようだと思いますが、今が元気なことが幸福なんでしょうね。周りの人たちも働いていますしね。相談ではなくグチになってしまいました。お許しください。(埼玉・N男)

相談文全文はこちら
https://www.yomiuri.co.jp/jinsei/20220316-OYT8T50116/

なんて優しい方!相談者さんの心は詩人のようです!!私も来世はこんな人と結婚したい!!!

いえ、したくありません(どっちやねん。

したくない理由は後ほど。

相談者さんのような心を持たない人は、自分の妻が隣で泣いていても気にしません。相談者さんの心に反応する力があるからこそのご相談です。

宝くじで5億でも当たればお連れ合いは不安なく過ごせるでしょうか。

今日はサイコロです。

火山旅の3爻

旅焚其次/喪其童僕/貞厲

旅先で宿が焼けてしまった、召使も忠実ではなくなった

この旅とは旅行の旅ではなく、住まいを失ったがゆえの放浪のようなちょっと侘しいものを示します。

召使がいるということは偉い人です。旅先でこそ支えてもらわないといけない召使に造反されてしまうのです。

強い姿勢にでたがために。

之卦は火地晋、眾允/悔亡、人々から信頼され悔やむことはなくなる。

では、そのためにはどうすればいいのか。

互卦は沢風大過、棟木が重さに耐えきれずたわんでいる状態です。

相談文の最後は「グチになってしまいました」とありますが、後期高齢者になるまで一緒にいらっしゃって、そりゃあいろいろあるでしょうけれど奥さまがこのタイミングでご主人さまと一緒にいることに安心できていないというのはなぜでしょう。

相談者さんと奥さま、持っている力の差が大きいようです。相談者さんは軽々と持てる荷物でも、奥さまには過ぎた重さなのではないでしょうか。

だったのではないでしょうか。

大丈夫、大丈夫、こんなの楽勝だよ!

とか

気にしない、気にしない、なんとかなるよ!

とか

そういう言い聞かせが通用しなくなってきたとか。

不安を抑えて夫の後を必死に追いかけてきた奥さま、ついに力尽きたとか。

これまで出せていなかった不安を口にするようになって、これまでそれを聞いたことがなかったので、妻が不安不満に思っていうという考えがなかったので、その扱いに戸惑っているというのは穿った見方にすぎますか!

ご夫婦の長い歴史があります。抱いていた思いが同じであったか、齟齬があったのではないか、その確認をされることでこれからの時をより寄り添って過ごしていけるのではないかと思います。

言い聞かせは悪手ですよ。

回答は久田恵(作家)さん。

「僕がついているから、絶対に大丈夫」と、彼女にきっぱりと揺るがぬ言葉で伝えてあげてください。妻は一番、そのひと言が聞きたいのかもしれません。

滝詣連続582日目(2022/03/17現在) 

昨日は #JamesBLUESLAND で #ブルーズ・ザ・ブッチャー のライブ。ライブ終了後に声が枯れるってどんだけぶりか。勢いでレコード買ってしまった。プレイヤーないのに。

最後までお読みくださりありがとうございました✨
ブログランキング・にほんブログ村へ 
⬆︎ポチッといただけると励みになります♪

この記事をシェアする
関連記事はこちら
アーカイブ
Scroll to Top